靴用語集Shoes Glossary

コバ

コバ(edge)とは、靴の土踏まず部分より前方を縁取るウェルト(細い帯状の革)のうち、アッパー(甲革)よりも外側にはみ出た部分のことです。「エッジ」とも呼ばれます。
また、かかと部分を含めた靴全周の縁周りを「ダブル・エッジ」と呼びます。

コバは構造的にウェルト製法に見られる部位ですが、ウェルトを使用しないマッケイ製法などで飾りとして施されることもあります。コバが付けられる靴の製法は「グッドイヤーウェルト製法」「マッケイ製法」「ブラック・ラピド製法」「セメンテッド製法」「ノルウィージャンウェルテッド製法」「ノルヴェジェーゼ製法」などさまざまです。

 デザインや製法によってはコバよりもアッパーが外側に位置している靴もありますが、靴が壁などで擦れると傷が付いてしまいます。コバは縫い合わせの部位であり、デザイン的にも重要なパーツですが、アッパーを守る役割も大きいです。

 日本には、コバのサイドに対して斜めに切れ込みを入れた「矢筈(やはず)仕上げ」、コバの縫い目の上にロウを飾り付ける「ロウ目付け」など、独特なコバ仕上げがあります。

修理が必要な状態とは

コバは普段あまり注目されることのない箇所ですが、コバが綺麗だと靴の表情が引き締まり、靴全体を美しく見せることができます。

しかしその一方で、知らず知らずのうちに傷みやすく、色あせしやすいのもコバの特徴です。スピカの靴磨きには、簡単なコバの補色やメンテナンスも含まれています。そのため、定期的に靴磨きを行うことで、靴の表面だけでなくコバも綺麗に保つことができます。

 > 靴磨き、鏡面磨き

関連する用語

無料お見積り・
ご相談はこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00