よくあるご質問FAQ

全カテゴリー

Q.金具はオリジナルと似たものがありますか?

閉じる

回答を見る

A.
全く同じものはご用意できませんが、できる限り似たような雰囲気のものをご用意いたします。

Q.ヒールの巻き革はオリジナルに似たものがありますか?

閉じる

回答を見る

A.
特殊な色や柄のものはご用意ができません。

その場合は、できる限り似たような雰囲気のものをご用意いたします。

Q.ヒールのトップリフトを修理するタイミングを教えてください。

閉じる

回答を見る

A.

婦人靴は、ピンヒールのゴムが削れたり、中の金具が歩くたびにカチカチ鳴ったりしたら、交換のタイミングです。


Q.ヒールがとても細いパンプスのトップリフトは交換できますか?

閉じる

回答を見る

A.
はい、交換できます。ヒールがとても細いパンプスは、ヒールが折れてしまう可能性があるため、駅の中の修理店などでは断られることがありますが、スピカでは問題なく修理が可能です。

Q.ヒールのプラスチックまで削れてしまったものも修理することはできますか?

閉じる

回答を見る

A.
はい、修理できます。削れたヒールの部分を機械で削り落として平らにし、トップリフトを取り付けます。

ただし、ヒールの傷んだ部分を削り落としますので、多少ヒールの高さが低くなってしまいます。

Q.ルブタンの赤い靴底と同じ色のラバーソールはありますか?

閉じる

回答を見る

A.

はい、ご用意しております。
その他にも様々なお色のラバーソールをご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。


Q.ヒールのトップリフトを修理するタイミングを教えてください。

閉じる

回答を見る

A.
紳士靴は、ヒールの直接地面に接地するトップリフトというパーツが削れたら、交換してください。

それ以上、削れてしまうと、革を足す作業が必要になりますので、余計に修理代金がかかってしまいます。

Q.新品の靴がすぐにほつれるのはなぜですか?

閉じる

回答を見る

A.
工場で大量に作られる靴は、糸の始末が甘いこともしばしばあります。

スピカで修理をする際は、強度の観点からしっかりと縫い直します。

Q.ハーフラバーソールは、買ってすぐに付けた方がいいのでしょうか?

閉じる

回答を見る

A.

スピカでは、すぐに貼ることをオススメしています。婦人靴は、紳士靴のように修理をすることを想定して作られていませんので、ハーフラバーソールを貼って、靴自体が傷まないようにすることが、長く履き続けるための秘訣です。ラバーを貼ることで滑り止めとしての効果もありますので、買ってすぐに貼ることをオススメします。


Q.ハーフラバーソールとハーフレザーソールの違いはなんですか?

閉じる

回答を見る

A.
ハーフラバーソールは、雨の日に靴底から水が染み込んでくるのを防ぐためや、買ったばかりの靴の滑り止めという目的で貼る方が多いです。一方、ハーフレザーソールは、ラバーに比べると通気性が良いため、靴の中が蒸れやすいという方にはオススメです。

Q.つま先が削れた靴にヴィンテージスティールを取り付けることはできますか?

閉じる

回答を見る

A.
ヴィンテージスティールはネジで固定するため、つま先にある程度の厚みがなければ取り付けることができません。

ヴィンテージスティールかトライアンフをご希望の場合には、買ってすぐに取り付けることをオススメします。

Q.カットするベルトの長さは、職人の方と相談して決めることはできますか?

閉じる

回答を見る

A.
ご来店いただければ、実際に身に付けていただいた状態を見ながら慎重にご相談させていただきますので、安心してご依頼ください。

無料お見積り・
ご相談はこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00