靴用語集Shoes Glossary

縫い補修

縫い補修は、文字通り縫って補修することです。

 革製品の補修をするときは、基本、もとの縫い目に沿って縫っていきますが、新しい革を縫う際には目打ちやハトメ抜き、菱目打ちなどを使って縫い穴を最初に作ります。薄い革の場合は縫い目を開けずに縫うこともあります。

 モカシン縫いの縫い目のほつれや、ストラップの付け根などの補修はもちろん、革が切れてしまった部分に関しても縫って補修を行うことができます。ただし、特殊な製法で作られた靴や、素材・部品の取り寄せが不可能である場合は、縫い補修を行えないこともあります。

修理が必要な状態とは

関連する用語

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top