靴用語集Shoes Glossary

オパンケ製法

オパンケ製法(opanka process)とは、土踏まずのソールを甲革(アッパー)に被せるように縫い付ける製靴方法です。「オパンカ製法」とも呼ばれます。

オパンケ製法はソールの縫い付け方に特徴のある製靴方法です。一般的な革靴はソールに甲革を縫い付けるものが多いのですが、オパンケ製法は内側の土踏まず部分のソールを上に引っ張り上げて、アッパーに縫い付けます。
すくい縫いされた土踏まず部分は縫い目が丸見えで、独特な見た目になるため、デザインとして施される場合もありますが、土踏まずのフィット感を高めるという実用的な効果もあります。

修理が必要な状態とは

関連する用語

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top