バッグブランド事典Bag Brand

ボッテガ・ヴェネタ/Bottega Veneta(イタリア)

ボッテガ・ヴェネタはイタリア発祥

ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)は。1966年にイタリアのヴェネト州ヴィチェンツァで創立したファッションブランド。ブランド名は「ヴェネトの工房」を意味します。
ヴェネト地方に伝わる職人の伝統と技に根ざし、バッグや靴などの革製品を中心に、ウェアやアクセサリー、家具まで幅広くアイテム展開しています。

本物志向の人へのブランド、ボッテガ・ヴェネタ

ボッテガ・ヴェネタは、「工房」の名の通り職人が手作業で製作していて、その丁寧に作りこまれた革は「シルクのよう」と評する人もいるほど。使うほどに滑らかさが増すという、革の特徴が最大限に生かされたアイテムは、世界中で多くのファンを獲得しています。
品質はもちろん、ロゴを極力使わないシンプルかつ革新的デザインが支持されていて、ボッテガ・ヴェネタが理念に掲げる「イニシャルだけで十分(When your initials are enough)」にも製品への自信が表れています。
ボッテガ・ヴェネタのデザインといえば、なんといっても「イントレチャート」。イントレチャートはイタリア語で「編み込み」「メッシュ」を指し、短冊切りの革を編み込んでいく手間と技術が要求される技法です。
ボッテガ・ヴェネタのイントレチャートには加工が難しい柔らかなレザーが用いられていて、ブランドのアイコンともいえるトートバッグ「カバ(CABAT)」に至っては、2人の職人が2日の時間をかけて革を編み込んでいます。裏地はなく、裏も表も美しい模様が楽しめるバッグです。
イントレチャートは、バッグはもちろん、ウォレットやポーチ、アクセサリーなどさまざまなものに用いられていて、最近ではレザーだけでなくナイロンなどのアイテムも発表されています。

芸術的アイテムを作るボッテガ・ヴェネタ

ボッテガ・ヴェネタが変身を遂げたのは、トーマス・マイヤー氏がクリエイティブ・ディレクターに就任した2001年です。
過去にエルメスやソニア・リキエルのデザイナーを務めたマイヤー氏は、従来のイントレチャートのシリーズに新たに光沢のある素材を取り入れるなど、デザインや色を刷新。さらにナイロンやビーズ、コットンといった革製品以外の素材を使ったラインも発表し、ボッテガ・ヴェネタを現在のラグジュアリーブランドの地位へ押し上げました。
同時に2001年は、ブランドがグッチグループ(後にケリング)の傘下に入り、バッグやウェア以外に時計やアクセサリー、家具などへもコレクション展開を広げています。
2006年には伝統ある革の加工技術を受け継ぐ職人を養成するため、学校(la Scuola Della Pelletteria Bottega Veneta)の開設も行いました。

画像引用元:http://www.bottegaveneta.com/jp/

ボッテガ・ヴェネタ/Bottega Veneta(イタリア)修理の事例

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top