カウンターライニングCounter Lining

革はいろいろ取り揃えております。オリジナルの雰囲気に近いものを選び作業いたします。

サービス内容

足の踵を包む部分、カウンターライニングの破損を補修します。
靴べらを使わないと、履くときの摩擦でカウンターライニングが破れていることがよくあります。
そのまま履き続けると、ヒールカップまで痛める可能性がありますので、早めに修理されることをお勧めします。
(ヒールカップが壊れてしまった場合には、修理ができません)

該当サービスを受けるタイミング

  • カウンターライニングが破れたとき

職人からのアドバイス

靴のサイズが大きすぎるものや、紐靴の紐を緩めっぱなしで履いている場合、歩行の際踵が動くことで摩擦が生じ、カウンターライニングに大きな負担が掛かります。
紐はきちんと締めて履きましょう。

料金と納期

  1. 料金(税込)
  2. 納期
カウンターライニング (短靴、片足)
2,200円
3週間
カウンターライニング (短靴、両足)
3,850円
3週間
カウンターライニング (ブーツ、片足)
3,080円
1ヶ月
カウンターライニング (ブーツ、両足)
4,950円
1ヶ月
カウンターライニング (袋縫い、両足)
7,700円
1ヶ月
カウンターライニング+トップライン補強 (片足)
3,300円
3週間
カウンターライニング+トップライン補強 (両足)
5,500円
3週間

修理例

Before
から
After

修理工程

  • Step 01

    下準備として、トップラインの糸をカットします。

  • Step 02

    古いカウンターライニングを外します。

  • Step 03

    新しい革からカウンターライニングを切り出します。

  • Step 04

    ライニングをカウンターに接着し、固定します。

  • Step 05

    トップラインのステッチに合わせてミシンを掛けます。

  • Step 06

    余分な縫いシロを市切りで切り落とします。

よくあるご質問

Q.ブーツのカウンターライニングが破れていますが、修理できますか?

閉じる

回答を見る

A.


はい、ブーツでも修理することは可能ですので、お気軽にご相談ください。


靴修理・メンテナンス一覧

Spica*の
革小物オーダーメイドアイテム

アクセス

Spicaの外観
住所
〒106-0046 東京都港区元麻布3-10-8
TEL
03-6413-6656
FAX
03-6413-6656
営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日
最寄り駅
東京メトロ南北線/大江戸線「麻布十番」駅
メール

修理に関するお問い合わせはこちら

電話

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

ページトップ
無料見積・ご相談・お問い合わせ TEL メール LINE