ハーフソール補強Half sole

サービス内容

前足部の接地面をラバーまたはレザーで補強します。つま先や接地面中央は、意外と減りやすいものです。
減りすぎるとクッション性能が失われ、人によっては足の裏にタコができたり、痛みを感じる事もあります。
早めにラバーを貼る事で靴底の減りを予防し、同時に滑り止め効果を持たせることができます。
また、減りすぎた底にレザーを貼る事でクッション性を持たせることもできます。
オールソールするほどでもないという場合の安価な代替案としても有用です。

該当サービスを受けるタイミング

  • 底がツルツルで滑るのを何とかしたいときや、底が薄くなって穴が開きそうな時など。

職人からのアドバイス

革よりも強いラバーを貼る事で靴底を長持ちさせられます
ハーフラバーソールが減ってきたら剥がして、再度新しいラバーを張るなどの処置も可能です。

修理例

Before
から
After

修理工程

  • Step 01

    靴底の補強する部分をグラインダーで薄く削ります。

  • Step 02

    削った接着面と、
    取り付ける材料(ラバーまたはレザー)に糊を塗ります。

  • Step 03

    糊が乾いたら接着し、
    全体をハンマーでまんべんなく叩いて圧着します。

  • Step 04

    余った部分はナイフで切り落とします。

  • Step 05

    ソール側面をグラインダーできれいに揃えます。

  • Step 06

    ソール側面をインクで染めます。

  • Step 07

    ワックスをかけて磨いたら仕上がりです。

スピカのこだわり

ソールのシェイプ、丸みなども、靴にとっては大事な個性の一部だと思います。
ソールを削ることでシルエットを崩さないよう、仕上がりのイメージを大切に作業しています。

料金と納期

  1. 料金(税抜)
  2. 納期
ハーフソール補強(ラバー)
3,000円
4日後
ハーフソール補強(レザー、縫い無し)
4,800円
4日後
ハーフソール補強(レザー、縫い有り) ハーフレザーソールは剥がれやすいため、剥がれにくくするために、新たに張ったハーフレザーソールの周りをミシンで縫い付けます。
7,300円
4日後
アタッチメント(1箇所あたり) つま先が削れていたり、ソールに穴があいていたりする場合には、それらの部分に革を足す、アタッチメント(1箇所500円)が必要になります。
500円
-
ソール特殊型仕上げ(1足) ハーフソールが特殊な形をしているものは、
加工料として追加料金が必要になります。
1,000円
-

よくあるご質問

Q.ハーフラバーソールとハーフレザーソールの違いはなんですか?

閉じる

回答を見る

A.

ハーフラバーソールは、雨の日に靴底から水が染み込んでくるのを防ぐためや、買ったばかりの靴の滑り止めという目的で貼る方が多いです。一方、ハーフレザーソールは、ラバーに比べると通気性が良いため、靴の中が蒸れやすいという方にはオススメです。

Q.ハーフラバーソールは、買ってすぐに付けた方がいいのでしょうか?

閉じる

回答を見る

A.


スピカでは、すぐに貼ることをオススメしています。婦人靴は、紳士靴のように修理をすることを想定して作られていませんので、ハーフラバーソールを貼って、靴自体が傷まないようにすることが、長く履き続けるための秘訣です。ラバーを貼ることで滑り止めとしての効果もありますので、買ってすぐに貼ることをオススメします。


ハーフソール補強の事例

無料お見積り・
ご相談はこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00