パンク修理Puncture repair

サービス内容

ソールのラインに沿ってアッパーが切れてしまった(パンク)部分を内側から革をあてて補修します。
パンク部分は、そのままにしておくとさらに広がってしまうことがありますので、早目の修理をお勧めします。

該当サービスを受けるタイミング

  • パンクが生じたとき

職人からのアドバイス

靴の幅がきつい靴や、紐靴の紐をいつも緩めて履いていると、パンクが生じやすくなります。
普段から靴のサイズ選びは的確に、紐はきちんと締めて履きましょう。

修理例

Before
から
After

修理工程

  • Step 01

    部分的に靴底をはがし、
    革をはさみこむスペースを作ります。

  • Step 02

    切れた部分に革をつなぎます。

  • Step 03

    状態によってはミシンを掛け、
    より強度を持たせます。

  • Step 04

    つないだ部分を靴底との間にはさみこみ、
    しっかりと接着します。

スピカのこだわり

肉厚の革を大きめに貼り、パンクした部分の強度を高めます。

料金と納期

  1. 料金(税抜)
  2. 納期
パンク修理(1箇所につき)
2,860円
2週間

よくあるご質問

Q.新品の靴がすぐにほつれるのはなぜですか?

閉じる

回答を見る

A.

工場で大量に作られる靴は、糸の始末が甘いこともしばしばあります。

スピカで修理をする際は、強度の観点からしっかりと縫い直します。

Q.いつも同じ足の同じ箇所がパンクするのはなぜですか?

閉じる

回答を見る

A.

人間の足は、同じように見えても左右で形が違います。幅の広い方の足に無理なく合う靴を選ぶことをおすすめします。

無料お見積り・
ご相談はこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00