靴底縫いSole

サービス内容

底を縫ってある靴は、摩耗により元々縫われていた糸が切れてしまいます。
その部分は当然剥がれやすくなりますので、再度縫い直すことで強度を取り戻します。
セメント製法(底を縫わず接着のみの底付の製法)の靴に縫いをかけて、剥がれにくくすることも可能です。

該当サービスを受けるタイミング

  • 靴底の糸が切れてしまっているときや、底が剥がれてしまったとき。

職人からのアドバイス

靴底縫いにハーフラバーソールを組み合わせてステッチを保護する方法も、より靴を長持ちさせられるのでおすすめです。

スピカのこだわり

古い糸が残っていると、新たに縫いを掛けたときにステッチが汚くなってしまうことがあります。
古い糸はできるだけきれいに除去し、元の縫い穴を追って縫い直します。

料金と納期

  1. 料金(税抜)
  2. 納期
靴底縫い(マッケイ)
2,500円
2週間
靴底縫い(グッドイヤー)
2,500円
1週間

よくあるご質問

Q.靴底が剥がれてしまったのですが、接着だけではまた剥がれてしまいますか?

閉じる

回答を見る

A.

一度剥がれてしまった接着部分は、再度接着しても強度はどうしても弱くなってしまいます。接着した後に、縫いをかけると、強度が格段に高まり剥がれにくくなります。

無料お見積り・
ご相談はこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00