つま先補強Toe

サービス内容

削れてしまったつま先をレザーかラバーで補強します。
新品、またはあまり履かれていない靴であれば、削れの予防としてスチールで補強することもできます。

該当サービスを受けるタイミング

  • ソール先端の厚みが3~4mm程度削れてきているようであれば、早めのつま先補強をお勧めします。

職人からのアドバイス

つま先が削れ、ソール自体のコシが無くなってきますと、補強しても材料が剥がれやすい仕上がりになってしまいます。
ダブルソールなど底の硬い靴は、つま先への負担が大きく、削れやすいので早めに修理されることをお勧めします。

修理例

Before
から
After

修理工程

  • Step 01

    削れて丸くなったつま先を斜めに平らに削り、
    接着面をつくります。

  • Step 02

    傾斜のついたレザーまたはラバーの補修材を用意します。

  • Step 03

    両方の接着面にのりを塗ります。

  • Step 04

    のりが乾いたら張り合わせ、ハンマーでよく圧着します。

  • Step 05

    余った部分を削り、断面を整えます。

  • Step 06

    削った断面をインクで染めます。

  • Step 07

    ワックスでピカピカに磨きます。

  • Step 08

    レザーの場合はこの後底面を研磨し、
    染め、磨いて仕上げます。

スピカのこだわり

修理の仕上がり後、つま先だけ厚くなってしまったり、逆に薄くなってしまったりしないよう、
削れの状態によって材料の厚みも調整します。
仕上がった時にソールの厚みと材料の線がつながるように見た目の美しさにも配慮して作業しています。

料金と納期

  1. 料金(税込)
  2. 納期
つま先補強(ラバー)
2,750円
4日
つま先補強(レザー)
3,300円
4日
減り止め釘
1,100円
4日

よくあるご質問

Q.つま先が削れた靴にヴィンテージスティールを取り付けることはできますか?

閉じる

回答を見る

A.

ヴィンテージスティールはネジで固定するため、つま先にある程度の厚みがなければ取り付けることができません。

ヴィンテージスティールかトライアンフをご希望の場合には、買ってすぐに取り付けることをオススメします。

靴修理・メンテナンス一覧

メール

修理に関するお問い合わせはこちら

電話

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

ページトップ