革靴ブランド事典Leather Shoes Brand

コードウェイナー/CORDWAINER(スペイン)

歴史は浅いが仕事は確かなコードウェイナー

コードウェイナー(Cordwainer)はスペインのシューズメーカーです。創業は2007年と歴史こそ浅いですが、高いデザイン性と堅牢さを兼ね備えた靴作りが魅力のブランドです。

コードウェイナーのクオリティーは、OEMの経験が証明している

コードウェイナーは、もともとOEM生産を手掛けていた有名なファクトリーでした。OEM生産とは、他ブランドから委託された製品(ここでは靴)を自社で生産し、委託したブランド名義の商品として販売することを言います。

コードウェイナーが長い間OEMを続けてきたということは、それだけ他ブランドからの信用が高く、靴作りに関して持ち合わせるノウハウのレベルも高いということです。そういう意味でコードウェイナーは、創業当時から非常に高い製靴技術を持っていたと言えます。

コードウェイナーは、品質&コストパフォーマンスに優れた靴

コードウェイナーが得意とする製法は、グッドイヤーウェルト製法です。この製法はイギリスやアメリカのシューズメーカーによく見られる製法で、堅牢な靴に仕上がることで知られています。
イギリスとアメリカの靴に言えることなのですが、グッドイヤーウェルト製法はデザイン性と言うより機能性を重視した製法と言えます。

コードウェイナーの靴もグッドイヤーウェルト製法によって作られているため、非常に堅牢なのですが、コードウェイナーはそれだけではありません。

スペインの靴は「イタリア靴のようにデザイン性の高さを持ちつつも、イギリス靴のように堅牢である」という評価をされることがありますが、コードウェイナーの靴にも同じことが言えるのです。
コードウェイナーの紳士靴は総じてエレガント過ぎず、地味でもなく、ビジネスシューズの枠を外れませんがお洒落なのです。

また、コストパフォーマンスが高いのもコードウェイナーの魅力です。コードウェイナーをはじめ、スペインには比較的手頃な価格で紳士靴を提供しているブランドが多く存在しています。ブランドネームよりも品質重視であるというスタイルそのものも、コードウェイナーの魅力です。

イタリア靴のように華やかで、イギリス靴のように堅牢、さらにスペイン靴らしくコストパフォーマンスが高いブランドが、コードウェイナーなのです。

コードウェイナーの歴史

1930年代、エドワード・F・マシューズ氏が靴店を設立したことが、シューズメーカー「コードウェイナー」の歴史の始まり。後に彼の息子であるポール氏が店を引き継ぐ。
2007年、オリジナルブランドとしてコードウェイナーが立ち上げられる。
現在はポール氏の妻であるモリー氏がオーナー兼職人を務めており、スペイン中の靴店や靴の学校で、靴作りを教えている。

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top