革靴ブランド事典Leather Shoes Brand

サルヴァトーレ・フェラガモ/Salvatore Ferragamo(イタリア)

ファッション性と履きやすさが共存するサルヴァトーレ・フェラガモの靴

サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)はイタリアのファッションブランドです。「フェラガモ」と略されます。
フェラガモは1927年にファッションデザイナー、サルヴァトーレ・フェラガモ氏の名前を冠したシューズブランドとして設立されました。高級紳士靴、婦人靴をはじめ、バッグやアクセサリー、腕時計などを扱う総合ブランドです。ただし、現在でもフェラガモのメインとなっているのは靴の販売です。
ファッション性だけでなく、足にフィットとした履き心地を追求して、フェラガモは靴を作ってきました。サルヴァトーレ・フェラガモ氏は1960年に亡くなっていますが、現在もその思いは一族により守られています。

解剖学に基づいた、サルヴァトーレ・フェラガモの靴

サルヴァトーレ・フェラガモ氏は、南カリフォルニア大学で解剖学を学び、足を痛めない靴を制作するための手法を身に付けていました。その解剖学により、顧客の足に触っただけでその人の体調がわかったとも言われています。
サルヴァトーレ・フェラガモ氏が靴屋を開業したのは11歳のときでした。その頃から持っていた靴職人としての強いこだわりが、斬新な形状や素材の靴を生み出し、靴の製作手法に関して、数々の特許を取得したのかもしれません。

フェラガモのレディースシューズは約40もの異なるサイズがあり、足の幅も6種類から選択できます。靴のサイズを細かく設定することで、1人ひとりに最適な靴を選ぶことができます。また、フェラガモのメンズシューズはソールの構造を重視し、耐久性や柔軟性、防水性に富んだ皮を厳選して利用するなど、妥協を許しません。

サルヴァトーレ・フェラガモ の人気とデザイン

フェラガモは、足を痛めない靴を作るという考えのもとに、既存の靴にはない様々なデザインや形状の靴を生み出し、人気を博しました。斬新な靴として代表的なものには、透明なナイロン糸で足の甲部分を作った「見えない靴」や、土踏まずの部分が平らな「ウエッジヒール」、つま先からヒールまでの靴底を分厚くした「プラットホームソール」などがあります。

フェラガモの流行は、すぐに有名人にも広がりました。なかでもオードリー・ヘップバーンやグレタ・ガルボ、マリリン・モンローといったスターはフェラガモの靴を愛用していたとして有名です。その流行ぶりから、サルヴァトーレ・フェラガモ氏は「スターの靴職人」と呼ばれることもあったそうです。

サルヴァトーレ・フェラガモの歴史

1927年、サルヴァトーレ・フェラガモ氏により、イタリアのフィレンツェで、「サルヴァトーレ・フェラガモ」を開業。
1933年、大恐慌の余波を受け倒産するが、イランのソラヤー・エスファンディヤーリー・バフティヤーリー元王妃やインドのマハラニなど、貴族の顧客を獲得したことで復興。
1960年、創始者であるサルヴァトーレ・フェラガモ氏が亡くなる。
1967年、靴だけでなく、アクセサリーやファッションのトータルファッションの展開を開始。この展開は、サルヴァトーレ・フェラガモ氏の次女、ジョバンナが中心となり行われた。
2002年、初のスニーカーライン「フリーダム(FREEDOM)」を発表。
2003年、日本最大のフェラガモの旗艦店が、銀座中央通りにオープン。
2009年、ヨウジヤマモトとフェラガモのコラボレーションシューズを発売。

画像引用元:http://www.ferragamo.com

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top