革靴ブランド事典Leather Shoes Brand

イルミーチョ/ilmicio(イタリア)

日本人が手掛ける新鋭ブランド、イルミーチョ

イタリアはフィレンツェにあるブランド「イルミーチョ」は、技術の高さ、デザインの素晴らしさから世界中から注目を集めています。そのイルミーチョを創業したのは日本人の深谷秀隆氏。一つひとつ深谷氏の手で作られるイルミーチョの靴は、一足3000ユーロからという価格にもかかわらず、予約待ちが1年以上になることもあるそうです。

足に吸い付くような履き心地のイルミーチョ

イルミーチョの木型(ラスト)はつま先が四角いスクエアとつま先が丸いラウンドの2タイプのみと実にシンプルですが、顧客の足の形と靴の好みで魔法のように様々なバリエーションの靴が生み出されます。
注文を受けてから完成までに要する期間は約1年。徹底した採寸はもちろんですが、できあがった靴を実際に履いてもらい、さらに入念なフィッティングを行います。
この全ての工程を深谷氏自身が行うことで、イルミーチョの「足に吸い付くような」履き心地が生まれるのです。

「イルミーチョ」とは、イタリア語で「子猫」

工房名の「イルミーチョ」は、日本語で「子猫」を意味しています。猫の自由気ままな性格に自身を投影して名付けたそうです。
もともとアパレルブランドのデザイナーとして活躍していた深谷氏は、「どうせやるならば誰にもできないことを」と考え、レザー好きだったということもあり、靴職人になることを決意したといいます。有名ブランドのデザイナーをすっぱりと辞め、単身イタリアへ渡り、まさに自由気ままに自分の好きなことに飛び込んでいく「イルミーチョ」そのものです。

イルミーチョの歴史

1998年、松田繁太郎氏に靴作りを学び、「Kensho Abe」のデザイナーを経て、より本格的な靴作りを学ぶためイタリアに渡る。イタリアではアレッサンドロ・ステッラ氏に師事。
1999年、深谷氏がフィレンツェに移り住み、シューズブランド「イルミーチョ」を創業。瞬く間に評判となり、フィレンツェの老舗セレクトショップ「Tie Your Tie(タイ・ユア・タイ)」のオーナー兼ディレクターであるフランコ・ミヌッチ氏に認められる。
2003年、Tie Your Tieのシューズを手掛けるようになる。
2005年、イルミーチョのショップがオープン。
2006年、セレクトショップ「TOMORROWLAND」とイルミーチョのコラボレ―ションとして、深谷氏自身の名前でデザインを手掛けたプレタシューズ「HIDETAKA FUKAYA per TOMORROWLAND」を発表。
2007年、イタリアのスニーカーメーカー「スペルガ(SUPERGA)」とのコラボレーションとして、深谷氏がスニーカーのデザインを手掛ける。

画像引用元:http://www.ilmiciocalzature.it/

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top