革靴ブランド事典Leather Shoes Brand

ペグマン/Pegman(日本)

「ラコタ社」のオリジナルブランド、ペグマン

ペグマン(Pegman)は日本のインポーター「株式会社ラコタ」が2011年にスタートさせたオリジナルシューズブランドです。
ペグマンを手掛けるラコタ社は、アメリカを代表するシューズブランド「オールデン(ALDEN)」の正規輸入代理店を1994年から務めています。これまでに欧米のさまざまなシューズを手掛けてきたキャリアを活かし、自社ブランドとなるペグマンを立ち上げました。
ペグマンのペグ(peg)とは、ハンドメイドシューズを作る際にソールやヒールをアッパーに取り付け、つなぐための木製の釘です。ペグマンというブランド名には、ファッションとバランス良く「つながる」存在でありたいというラコタ社の思いが込められています。

 

ペグマンは日本人のためのアメリカンドレスシューズ

伝統的なアメリカ靴特有の、ボリューム感のあるフォルムが特徴的なペグマン。そのレザーシューズは、ビジネスでもカジュアルでもシーンを選びません。ペグマンの製作にあたっては、日本人のためのシューズ製作という点に重点を置き、木型を日本から持ち込んでいます。初代木型の開発には2年以上の歳月がかかったということからも、ペグマンにかけるラコタ社の意気込みが伝わってきます。

 

高品質でありながら驚きの低価格を実現したペグマン

ペグマンは、フランス産のレザーにオリジナルのソール、製法はハンドソーンウェルテッドという最高級の靴でありながら、4万円程度という価格設定を実現した驚くべきブランドです。
伝統的なアメリカンシューズのフォルムを再現するには、グッドイヤー製法では限界があり、ハンドソーンウェルテッド製法であることが理想的です。ハンドソーンウェルテッドの靴は通常高価なものとなってしまいますが、ペグマンは熟練の職人を抱える中国の工場で製造することで、リーズナブルで高品質の靴を実現したのです。

 

ペグマンの歴史

1994年、日本のインポーター「株式会社ラコタ」がアメリカを代表するシューズブランド「オールデン」の正規輸入代理店となる。
2011年、株式会社ラコタがオリジナルシューズブランド「ペグマン」をスタート。

 

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top