革靴ブランド事典Leather Shoes Brand

グレンソン/Grenson(イギリス)

グレンソンは英国紳士靴の名門ブランド

グレンソン(Grenson)は1866年創業のイギリスの老舗シューズブランドです。
グレンソンの創業者は、靴職人ウィリアム・グリーン氏で、その歴史はノーサンプトンシャー州のラシュデンに開いた小さな工房から始まりました。
一人の靴職人から始まった小さな工房には、やがて多くの職人が集まり、事業は順調に発展。1895年には法人化され、1911年には現在のような生産スタイルを確立し、英国紳士靴の代名詞的存在として世界中から認められるようになります。1974年に制作されたアメリカ映画「華麗なるギャツビー」においては、衣装を担当したラルフローレン氏のセレクトによりグレンソンの靴が登場し、注目を集めました。

熟練の靴職人たちが手作業で丹念に作り上げるグレンソンの靴

英国靴の聖地と呼ばれるノーサンプトンシャー州で、100年以上に渡り靴作りを続けているグレンソン。時代の変化とともに多くの製靴工場が機械による大量生産に切り替える中、グレンソンはあくまでも職人の手によるハンドメイドにこだわり続けています。
グレンソンの流儀は、200の工程と8週間かけた靴作り。それゆえに130人ほどの靴職人で生産できる数は、週におよそ300足と限られているのです。

親から子へと受け継がれるグレンソンの職人気質

グレンソンのかつての社名は「Green&Son」。後に名前を縮めて現在の社名「グレンソン(Grenson)」となりました。この「Green&Son」は、創業者の名前(Green)とその息子(Son)から名付けています。このことからもわかるようにグレンソンの職人気質と英国靴の伝統は、親から子へ、そしてさらにその子達へと受け継がれているのです。

グレンソンの歴史

1866年、ウィリアム氏が自身の工房を設立。靴づくりを始める。
1874年、ウィリアム氏が最初の靴工場をオープンさせる。
1895年、事業を法人化。当時の社名は「Green&Son」。後に現在の社名「グレンソン(Grenson)」となった。
1911年、工場を拡大化。1足の靴を約200の工程で8週間費やして作り上げていく生産スタイルが確立される。
1999年、グレンソンが日本国内に本格上陸。
2005年、シューデザイナーのティム・リトル(Tim Little)氏をグレンソンのクリエイティブディレクターに抜擢。
2010年、ティム・リトル氏がグレンソンを買収。

画像引用元:http://www.grenson.co.uk/en_gb

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top