革靴ブランド事典Leather Shoes Brand

スコッチグレイン/SCOTCH GRAIN(日本)

職人気質を貫いてきたスコッチグレイン

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)は日本のシューズメーカー「ヒロカワ製靴」が1978年にスタートした、同社のオリジナルブランドです。
「スコッチグレイン」というブランド名は、スコットランド伝統の「スコッチグレイン」という穀物模様の革の名前に由来しています。ブランド名には英国の伝統を継承したいという思いが込められており、デザインの一部にもこの穀物模様が用いられています。
東京の墨田区にある工場では、日本の熟練職人たちが一貫生産で靴作りを行っています。

グッドイヤーウェルト製法で作られるスコッチグレイン

スコッチグレインの靴は170の工程を要する英国伝統のグッドイヤーウェルト製法で作られています。工程数もパーツ数も多く、熟練の技術と多くの時間を要する製法です。
仕上がるまでに手間は掛かりますが、この製法で作られたスコッチグレインの靴は履き込むほどに足に馴染み、ソール交換もできるため、長く履くことができます。

素材や木型に表れるスコッチグレインの生真面目さ

スコッチグレインは革の質にも定評のあるブランドです。海外から上質な革を買い付け、スコッチグレイン独自の基準で検品や等級分けを行っています。
また、スコッチグレインで使用される木型は日本人の足に合うように、そして時代の変化にも合うように、考えぬかれた末に削り出されています。創業時からの木型のストックは、約1万足分にも及ぶそうです。

スコッチグレインの歴史

1964年、東京・台東区で「ヒロカワ製靴」を創業。創業者は廣川悟朗氏。
1978年、ヒロカワ製靴のオリジナルブランド「スコッチグレイン」がスタート。

画像引用元:http://www.scotchgrain.co.jp/top.php

スコッチグレイン/SCOTCH GRAIN(日本)修理の事例

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top