革靴ブランド事典Leather Shoes Brand

ヘンリー・マックスウェル/HENRY MAXWELL(イギリス)

ヘンリー・マックスウェルは英国最高峰

ヘンリー・マックスウェル(HENRY MAXWELL)は1750年創業の、250年もの長い歴史を誇るイギリスのシューズブランドです。
「イギリスでビスポークと言えばヘンリー・マックスウェル」と言われるほど有名なブランドで、現在はジャーミン・ストリートにあるビスポークの名店、フォスター&サン(FOSTER&SON)の傘下となり、同じ店舗内でも買うことができます。

ジョージ4世の御用達となったヘンリー・マックスウェル

乗馬ブーツ用の拍車作りからスタートしたヘンリー・マックスウェル。ビスポークの乗馬ブーツなどを製作するようになり、1823年にはイギリス国王ジョージ4世から英国王室御用達に認定されました。それ以後、ロイヤルファミリーをはじめ英国の上流階級の人々だけを顧客としていましたが、後にドレスシューズのビスポークを手掛けるようになります。
ヘンリー・マックスウェルがビスポークメーカーとして有名になった理由の1つに、木型の作り方が挙げられます。乗馬ブーツの製作で得たノウハウを活かし、細かい採寸によって履く人の足の形を徹底的に理解してから木型を作り始めるスタイルが、英国第一級のビスポークシューズメーカーとしてその名を広めました。

ヘンリー・マックスウェルは丁寧な採寸で作られる贅沢な靴

アッパー(甲革)に上質な革の上質な部分だけを使用するなど、ヘンリー・マックスウェルは素材にもこだわっています。また、ライニング(アッパーの内張り)に関しても、通常であれば複数に分けたパーツを継ぎ合わせますが、ヘンリー・マックスウェルは1つのパーツで成型するなど、素材の使い方が贅沢です。

ヘンリー・マックスウェルの歴史

1750年、「ヘンリー・マックスウェル」が創業。乗馬ブーツ用の拍車作りからスタートし、その後ビスポークの乗馬ブーツなどを製作するようになる。
1823年、イギリス国王ジョージ4世からヘンリー・マックスウェルが英国王室御用達に認定される。
現在、ヘンリー・マックスウェルはフォスター&サン(FOSTER&SON)の傘下にあり、同じ店舗内で営業を行っている。

画像引用元:http://foster.co.uk/

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top