革靴ブランド事典Leather Shoes Brand

シルバノ・マッツァ/Silvano Mazza(イタリア)

「靴の最高峰」を目指したシルバノ・マッツァ

シルバノ・マッツァ(Silvano Mazza)は1975年にイタリアのマルケ地方で設立されたシューズブランドです。「靴の最高峰」を目指してきたシルバノ・マッツァは、1990年代後半に発表した「スクエア・トゥ」で一世を風靡しました。残念ながら現在はブランド展開を終了していますが、今でも根強い人気があります。

「シルバノ・マッツァ」と「シルバノ・ラッタンジ」

シルバノ・マッツァを立ち上げたのはシルバノ・ソリーニ氏という人物で、過去にプラダ(PRADA)のシューズをデザインしたことでも知られています。
シルバノ・マッツァが誕生したイタリアのマルケには、シルバノ・ラッタンジ氏が設立した「ジンターラ(ZINTALA)」という世界的に有名な靴ブランドがあります。靴のメッカと称されることもあるこの地において、ソリーニ氏はラッタンジ氏と並び、「ふたりのシルバノ」として名を馳せていました。
ちなみに2人は、1885年に設立された「エンドレス社」というシューズメーカーで共に働いていた時期もあったそうです。

パーツ単位でこだわるシルバノ・マッツァ

シルバノ・マッツァの靴には、すべて高級な素材が使用されていました。革は一流のタンナー工場から取り寄せたものでしたが、シルバノ・マッツァが出した条件に見合った革のなかでも最高のものしか使用しなかったそうです。
また、靴の裏張りに使用する革(ライニング)にはイギリス産のものを、ソールにはフランス製のものを、ラバーソールはモデルに合わせてシルバノ・マッツァ氏が自らデザインするなど、パーツ単位でこだわった靴作りを行っていました。
ハンドメイドが基礎となっており、イタリアらしいデザイン性の高さを持ちつつも、頑丈に仕上がるという点がシルバノ・マッツァの特徴でした。

シルバノ・マッツァの歴史

1975年、シルバノ・ソリーニ氏がイタリアのマルケ地方に、自身の名を冠したシューズメーカー「シルバノ・マッツァ」を設立。ファクトリーのオーナーであるグラツィアーノ・マッツァ氏の名前と合わせ、ブランド名が付けられた。

シルバノ・マッツァ/Silvano Mazza(イタリア)修理の事例

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top