革靴ブランド事典Leather Shoes Brand

サンクリスピン/SAINT CRISPIN’S(オーストリア)

すべて手作業で作られるサンクリスピン

サンクリスピン(SAINT CRISPIN’S)は1985年に設立されたオーストリアのシューズブランドです。靴のデザイナーだったマイケル・ローリック氏が友人のためにハンドメイドの靴を作ったことが、サンクリスピン創業のきっかけです。
1992年、サンクリスピンはシューズブランドとして正式にスタートし、1996年にはルーマニアにサンクリスピンの工場を設立します。しかし、2000年に工場を売却。以降はデザイン、サンプル、木型などはウィーンの本社で、生産はルーマニアの小さな工房で行うという小規模な経営スタイルで、妥協のない手作りの靴を作り続けています。

一足一足に温もりがあるサンクリスピン

サンクリスピンでは、ハンドメイドのプレタポルテラインとビスポークラインを展開しています。十数名の職人が一足一足、ウェルテッド製法の原型であるハンドソーンウェルテッド製法で作っており、ビスポーク以外は月間で80足程度しか作られていません。日本でも買い求めることができるサンクリスピンのプレタポルテですが、非常に希少な靴だといえます。

素材にも徹底的にこだわるサンクリスピン

サンクリスピンでは使用する素材も妥協しません。高品質の牛革とカーフスキン(生後6ヶ月以内の仔牛の革)を中心に、アニリンカーフ(仕上げにアニリン染料を使った透明感のあるカーフ)やカンガルーレザー、クロコダイルレザーといった様々な素材を用いてサンクリスピンの靴は作られています。
また、シューツリーの材料となるウォールナットやチェリー、シダー、ビーチなどの原木を丸ごと買い付け、自社でカットするところから始めるという徹底したこだわりぶりからも、サンクリスピンの靴作りに対する真摯さが伺えます。

サンクリスピンの歴史

1985年、靴のデザイナーだったマイケル・ローリック氏が友人のためにハンドメイドの靴を作ったことが、シューズブランド「サンクリスピン」の歴史の始まり。
1992年、オーストリア・ウィーンでシューズブランド「サンクリスピン」がスタート。
1996年、ルーマニアにサンクリスピンの工場を設立。
2000年、ルーマニアの工場を売却。以後、サンクリスピンではデザイン、サンプル、木型などをウィーンで行い、生産はルーマニアの工房で行っている。

サンクリスピン/SAINT CRISPIN’S(オーストリア)修理の事例

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top