スピカブログSpica Blog

春雨

2010.06.12|その他の話

 誰かにロマンティックを止めてほしい麻布メガネ たなかです、ぼんじょ~るのっ。
   ※友人HESO-MEGANE様、クレームは受け付けません。

 

 本日のご紹介は泡盛 「春雨」 です。

 繰り返しますがSpicaはあくまで修理屋さんです悪しからず。

 みなさんは泡盛は飲まれますか?

※ウィキペディアによると泡盛とは…
 焼酎の一種(乙類焼酎)。
 米を原料として、黒麹菌(アワモリコウジカビ)を用いた米麹である黒麹によって発酵させたもろみを蒸留した蒸留酒で、沖縄県の特産品である。
 原料の米は、日本酒と異なりインディカ米であり、主にタイ産の砕米が用いられるが、近年では地産地消の動きに伴って県内産のジャポニカ米を使ったものも生産されている。
 3年以上貯蔵したものは古酒と呼ばれる。

 だそうです、まぁ参考までに。

 泡盛が飲めない もしくは好きじゃない、という方の大半は「あの匂いが…」とおっしゃいますね。
 確かにたなかもあの匂いが気になることがあります。

 でも、なかには「匂い」でなく、「良い香り」がする銘柄もあるんですよ。

 その代表的な銘柄が沖縄本島 宮里酒造所の「春雨」です。

 平成12年の沖縄サミットで乾杯のお酒として提供されたのは有名な話。

 とても小さなお蔵で県外出荷も少ないので手に入れるのは難しいですが、直取引で取り扱いのあるお店なら店頭で普通に購入できます(伊勢五本店、山万酒店、酒のこばやし など)。

 まずは

RIMG1081

 カリー春雨(春雨カリー) /30度
 代表銘柄です。
 1年程度の熟成で出荷されますが、その味と香りの濃厚さはたまりません。
 ロックでガンガンいってください!

RIMG1082

 春雨 秘蔵酒 /44度無ろ過無調整
 もともとは一般に販売されていた銘柄ではありません。
 沖縄の県内の方が自宅で古酒を作るために、と蔵元から提供されていたようです。
 たなかも自宅で小さい甕に入れて貯蔵しております。
 度数が高いために冷凍庫に入れても凍らないので、真夏の暑い日にちびりと飲むと最高です。

RIMG1085

 春雨 限定古酒 /43度
 記載はありませんが、中身は8年以上の古酒です。
 濃厚です。
 パイナップルやナッツに似た香りが怒涛のように押し寄せてきます。
 これは小さい猪口や切子のグラスで少しずつなめるように飲むべきお酒です。

 

 そして先日、待望の新製品が出荷されたようなので、さっそく手に入れてきました!

RIMG1084

 カリー春雨 古酒 /30度
 カリー春雨を3~5年、蔵で熟成させたものだそうです。
 さっそく試飲してみましたが、コレはすごいです。
 まったくアルコールの刺激を感じず、濃厚な香りと味でありながら軽やかです。
 ぜひ試していただきたいです。

 「春雨」という名前は「人々の希望と天の恵み」という意味を込めているそうで、「カリー」は「嘉例」で「めでたく縁起が良い」という喜びを表現する言葉だそうです。
 「春雨カリー」は県内での御祝い事に用いられる事が多いそうですよ。

 みなさんも自宅用に、また贈り物にいかがでしょうか?

 靴修理と靴磨き バッグ修理 Spica たなか

コメント(0)

このブログ記事のコメント

現在コメントはありません。

コメントを投稿

CAPTCHA


※ 投稿されたコメントは管理者の承認後に表示されます。

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top