スピカブログSpica Blog

扉の奥は…

2010.10.06|その他の話

 【こんばんは、牛乳飲みながらのたなかです。】

 最近はこの冒頭の文をわざと入れてなかったのですが…。
 何人かの友人から「最近ブログサボってるじゃないか」と言われました。
 ちゃんと書いてますよ~、最後まで読んでくださいね。

 まぁいいや。
 今日は新宿伊勢丹のお話。

 新宿駅の地下道から、小さな階段を上がると…
 そこは所謂「デパ地下」。
 「確か〇〇がマカロン好きだったなぁ」
 とか
 「△△のお惣菜美味しかったなぁ」
 とか
 「ハモン・イベリコもいいけど、クラテッロ・ディ・ジベッロのほうが好きだなぁ」
 なんてどうでもいいこと考えながら、「靴見よう」と本館からメンズ館へ行く途中…。

 そこには広い広~いワイン売り場がある。
 世界各国の多様なワインが揃う。

 が、しばらく眺めているとふと思うはず。
 「あれ、あんまり高いワインがないぞ?」

 そう感じたら近くのスタッフに質問をしてみる。
 例えば…
 「ハートのラベルのワイン(カロン・セギュール)、どこですか?」
 「ロマネ・コンティっていくらするんですか?」
 「〇〇年の、生まれ年のワインが欲しいんですけどありますか?」

 そうすると
 「こちらへどうぞ」
 そう言って売り場の奥、奥の奥へ…。
 そこにはガラスの扉。
 8メートルの長いトンネルと、2枚のガラス扉の先に約1,000種類にも及ぶ高級ワイン・限定ワインが並ぶ。
 そう、そこは grand cave & vintege cellar 

 さらにその先には、南京錠で閉じられた鉄格子の扉。
 奥には「100年分」のヴィンテージワインが眠っている。

 意外と知られていないが、ここにはテイスティングカウンターが併設されている。
 まぁ「扉の奥」まで足を運ぶお方も少ないだろうから。

 店内で販売されているワインの中から常時6~10種類程がセレクトされて提供されている。
 特筆すべきはその価格。
 最もリーズナブルな物なら200円台!からある。
 なぜかというと、あくまで「ワインを知ってもらうためのサービス」だからだそうだ。
 基本的には50ml、ワインに合わせたグラスで提供される。

 本日筆者がオーダーしたのは
 SiLEX 2007 ディディエ・ダグノー
 ニュイサンジョルジュ ミュルジュ 2004 ユドロ・ノエラ
 シャトー・ピション・コンテス・ラランド 1978

 このクラスのワインが常時グラスでオーダーできる店なんて他にありますかね?
 ちなみにピションは50mlで¥3,150(フルボトルの販売価格は¥31,500)だが、レストランでボトルで注文するとしたら10万円近くするお店もあると思う。

 何かお探しのワインがある方はこの方まで。

 img_miyazawa

 画像は小さいですが、たなかが最も信頼するソムリエ、宮沢さんです。

靴修理と靴磨き バッグクリーニング Spica
今日はこれからレイトショーで「君に届け」を観に行く たなか

コメント(2)

このブログ記事のコメント

T茶~|2010.10.08 15:26
レイトショーの後だったんですね(笑)

多部ちゃん最高です!
admin|2010.10.12 00:59
T茶~ 様
 「君に届け」泣けるイイ作品でしたよ~。
           by たなか

コメントを投稿

CAPTCHA


※ 投稿されたコメントは管理者の承認後に表示されます。

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top