スピカブログSpica Blog

牡蠣小屋

2011.01.12|その他の話

こんばんは。

ご無沙汰しております、手嶋です。

去年の12月から体調を著しく崩しておりまして、年末年始にちょっと良くなったかなぁと思っていたら、また悪くなりました。。。

30歳を過ぎるとなかなか良くならないもんです。

まま、新年早々そんな気持ちが暗くなるような話しは置いておいて、

年末年始に帰省していた福岡での話題を少しご紹介しようかなと。

今回のお話しは「カキ」です。

柿ではなく、海で取れる牡蠣の方ですね。

糸島半島の船越漁港にある「みわちゃんハウス」というお店に行ってきました。

お店と言ってもビニールハウスでできています。

東京ではまず見ないと思いますので、初めて行く方はなんじゃこれと思います。

外観はこんな感じ。

お店に入るとまず目に飛び込んでくるのが、牡蠣の山。

牡蠣好きにはたまらない光景だと思いますが、牡蠣嫌いにもたまらない光景だと思います。

席に座ると、目の前のコンロに火をつけられて、軍手とナイフとBBQで使う炭をはさむやつが渡されます。

いきなりなんなんだと思いますが、ここは自分達で牡蠣を焼いて食べるお店なんですね。

目の前のコンロの上に、牡蠣をゴロゴロと置きます。

いい感じに焼けてきたら、軍手をはめてナイフで殻をこじ開けます。

慣れてくると簡単に開けれるようになります。(この人はプロの方です。)

そして、それに醤油をかけてパクッ。

ヤバイッす。

一緒に行った佐伯君は上級者なので、カボスなんかを追加でオーダーして、それを焼けた牡蠣にかけて食べます。

これまた、マジ、やばいっす。

正確な金額は覚えていませんが、牡蠣を1盛オーダーするとでかいカゴに15個くらい入ってたと思います。

それで1,000円だったかな。

牡蠣好きにはたまりませんねぇ~。

サザエなんかもあったり、写真のような牡蠣めしなんかもあります。

二人でたらふく牡蠣とサザエと牡蠣めしを食べて、更にビールも飲んで(佐伯氏はノンアルコルビール)、一人たったの1,500円でした。

東京では、信じられん価格ですな。

福岡の中心部からはちょっと遠いですが、もし冬場に行かれる機会があれば、足を伸ばしてみるのもいいかもしれませんね。

オススメです!

靴修理と靴磨き スピカ

手嶋

コメント(0)

このブログ記事のコメント

現在コメントはありません。

コメントを投稿

CAPTCHA


※ 投稿されたコメントは管理者の承認後に表示されます。

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top