スピカブログSpica Blog

靴作りの道具

2013.06.24|その他の話

以前にも簡単に紹介しましたが、靴作りには様々な道具を用いております。
ハンマー、ピンサー、仕上げ用のアイロン等々
『靴作り』という行程において重要な役割を果たし、なおかつ『絵』になる
道具といえば前述したものがよく取りだたされますが
実際に作業をしている職人さんの間でとても重要視されているのが『椅子』です。

靴作りの行程において「底付け」といって靴の底まわりを作り上げる
行程があるのですが、この作業はそのほとんどがはひざのうえで行われます。

その為、ほどよい高さの椅子が必要とされ、膝の角度がとても重要となってきます。
そこで重要になってくるのが『座面』の高さ。
モデル並みに足の長い方でしたら座面の高い椅子でも大丈夫なのでしょうが
実際のところ所、そのような方は少数派でして・・・。

そんな中でよく愛用されている椅子がコチラ↓

パッと見はキャンプの時などに使う簡易的な椅子ににていますが、
よく見るとしっかりした木の土台とキャンバス地の素材で
できていて多少(?)高級感がありますでしょうか??

とにかくこちらの椅子は実際に靴の問屋さんで「底付け行程用の椅子」
として売られていて意外と良い値段がするのです。

以前私の所へ遊びに来た友人には「なにこれ?作ったの??」
と言われ、その重要性を語っても『?』の顔をされてしまいました。

現在は更なる良い椅子を求めてどこかの街に出掛けた際は
いろいろなインテリアショップを巡ったり、ネットショッピング
で探してみたりしていますが、なかなか見つからないのが現状です。

今後、靴職人さんの作業現場や作業風景の写真などを見た時は
ちょっとこの『椅子』に注目してみてください。
いろいろな職人さんが思い思いの椅子を使っていますよ!!

ちなみにこの椅子このように収納機能も優れております。

本格的な靴と鞄のメンテナンスSpica
SAITO

コメント(0)

このブログ記事のコメント

現在コメントはありません。

コメントを投稿

CAPTCHA


※ 投稿されたコメントは管理者の承認後に表示されます。

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top