スピカブログSpica Blog

2013.01.30|未分類

靴をつくる道具で『馬』という道具があります。

この『馬』は靴のHeel形状を作るための道具であり
この馬があることによって美しいHeelの形をつくることができます。

この部分の曲線です↓

と、このように靴づくりにおいてとても重要な働きをしてくれる馬なのですが、
とてつもなくじゃじゃ馬な面がございます。それは・・・

『音』です!!

イメージでいいますと防災予防運動で行われる
「火の用~心!カン!カン!!」
とやるあの拍子木(ひょうしぎ)が一番近いかと。。。とにかくうるさい・・・。
ですので、学生時代にどうしても課題提出が間に合わなく 夜に仕方なく作業をしなくてはならない場合などには大変困ります。

大抵靴づくりをされている方と上記のような境遇で馬を使った時の話をすると
・自宅では無理なので近くの公園に行った
・布団のうえで掛け布団をかぶってやった
などという「靴づくりあるある」の話になります。

と、他の道具のハンマーやナイフなどに比べると圧倒的に使用頻度の少ない道具ですが、
その必要性は高く、「あるある」ネタとしてよく出てくる道具の一種であります。

ちなみになぜ『馬』か?といわれると・・・。たぶん馬のある部分の形状に近いからでしょうか?

ちなみにこの馬『牡馬』ですが、もちろん『牝馬』もいます。

本格的な靴と鞄のメンテナンスSPICA SAITO

コメント(0)

このブログ記事のコメント

現在コメントはありません。

コメントを投稿

CAPTCHA


※ 投稿されたコメントは管理者の承認後に表示されます。

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top