スピカブログSpica Blog

オールデン

2009.07.25|靴の話

  こんばんにゃ、本日は たなか が長めにお届けいたします。
 皆さんは 「いい靴」 ってどんな靴だと思いますか? 高価な靴、カッコイイ靴、履きやすい靴…いろいろあると思いますがワタクシは 「修理しやすい靴」 というのも重要だと思うんですね。 修理がやりやすいということは長持ちするということに直結するわけで…。
 気に入った靴が、せっかく馴染んできた頃には捨てるしかない…そんなことってありませんでしたか?
 もちろんSpicaでは、どのような状態の靴でもご相談に乗らせて戴きますよ。
 ということで、今回は修理職人の観点から考えるいい靴というのをお教えしましょう!
 と言ってもかなり細かい話になるので、今回は現実的に手が届く範囲の値段でざっくりと一部ブランドのご紹介(ハンドメイドやビスポークはまた別の機会に)。
 まずはメンズなら トリッカーズ(カントリーライン)
           エドワードグリーン
  この2ブランドはテイストは違えど文句なしのオススメです。 と言っても皆さんもうご存知ですよね。 もちろん他にもたくさんあるんですが、価格やラインによってまちまちなのでテーマ別にまたいづれ。
 レディスならやっぱり クリスチャン・ルブタン
が抜群に良いですね。 作業がしやすいのはもちろん、美しいラインを出しやすいバランスでデザインされてます。
 さて、今回はもうひとつ。 上記のように修理がしやすいというわけでは特段ありませんが、それでもワタクシが愛してやまないブランドをご紹介。 それは…
 皆さんも大好き(であって欲しい)、
 オールデン でんでんででんでんっ!
 ということで、最近お客様からお預かりしたものの中から一部を紹介します(もちろんお客様からはご了承頂いております)。 今回は、ブーーーーーッツッ!

RIMG0329.jpg

RIMG0334.jpg

RIMG0344.jpg

RIMG0330.jpg

RIMG0331.jpg

RIMG0342.jpg

RIMG0339.jpg

RIMG0336.jpg

 デザイン  タンカーブーツ、プレーンブーツ、チャッカブーツ…
 ラスト    ミリタリーラスト、モディファイドラスト、バリーラスト…
 カラー    ブラック、シガー、ラベロー、ウイスキー、#8バーガンディ…
 素材     コードバン、グレインカーフ…
 ウィズ    C、D、E…
 バリエーション豊か、いろいろあります!

 さて、次は特別なヤツを。

RIMG0346.jpg

RIMG0350.jpg

 え? ただの定番じゃないかって? その通りです。 ワタクシの私物なんですがごくごく普通のチャッカブーツ(Cウィズ)と、Vチップの#8バーガンディです。 が、この2足、いったい何が特別なのかというと 10年選手 なのです! 適切な手入れをこまめにし、ソールやヒールが減ったらハーフラバーソールをつけたりヒールを交換したり、時にはヒールのブロック交換をしたり…。 結果、週に2〜3回は履いているにもかかわらずご覧の通りの美しさを保っております。
 皆さんも修理のご相談はお早めに。 新しく靴を購入された際にはメンテナンス等のご相談もしてくださいね。 皆さんがその靴と少しでも永く付き合えるように、お手伝いさせて戴きます。

 ハーフラバーソール(メンズ)   ¥3,200〜
 ヒール交換(メンズ)      ¥3,500〜
 水洗いクリーニング       ¥4,500〜
 職人磨き           ¥2,000〜(修理とセットなら¥1,000になりますよ)
 オールソール           (様々なご要望にお応えしますのでまずはご相談を)

オールデンからルブタンまで靴修理はスピカにご相談下さい(03-6413-6656)

たなか

コメント(0)

このブログ記事のコメント

現在コメントはありません。

コメントを投稿

CAPTCHA


※ 投稿されたコメントは管理者の承認後に表示されます。

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top