スピカブログSpica Blog

たなか・すぺしゃる?

2010.02.23|靴の話

 ごきげんかるぱっちょ、たなかです。
 先日岩塩を口にして奥歯が欠けました。

 と、そんなことはどうでもいいですよね。

 先日友人とこんな話をしました。
 「ハンドメイドの価値」についてです。

 まぁ靴作りにおいてという前提であれば、ワタクシは『ハンドメイドそのものには価値はあまりない』と考えます。
 例えば洋服においてはわざと不揃いに縫うミシンもあるし。

 で、靴におけるハンドメイドというものは、『ビスポーク』という概念の中でこそ存在価値があるのかな、と。
 『個々人の足を再現した靴型で靴を作る場合に、どうしてもハンドメイドでないと微妙な凹凸がとらえきれない』や『手作業でないと微妙な加減が効かない』というように、必然的にハンドメイドになってしまう場合がほとんどだろう、と。
 言い換えるならば、ハンドメイドということはあくまで手段・方法であって、ハンドメイドそのものを目的としてもあまり意味を成さない、というか。

 う~ん、上手く伝えるのが難しいですね。
 伝わりましたでしょうか?

 で、まぁそんな話をしたからか、しばらくハンドメイド・手作業ということについて考えておりました。

 あるときふと考えたんです。
 『手作業の意味がない事を、手でやってみよう』  と。

 こんな言葉を思い出しました。
 『ムダなものほど大切なんだ』
 確か映画「ライフ・イズ・ビューティフル」の中の一節だったような…。

 ということで、こんなのを作ってみました。

RIMG0530

 って、いつもSpicaの店頭で修理サンプルになってるヤツじゃねぇか‼
 ん? でも何だかどこかが違うような…。

RIMG0531

 何だかコバがスゴイ(笑)‼

 コイツに何をしたかと言うと…
 『機械と手を効果的に使い分けながら、ハンドメイドの非現実的な美しさを現実的に再現する実験』
 です。
 解りにくい言い回しですね。
 要するに
 『修理でビスポークの雰囲気を出してみよう』
 ってことです。

 今回は実験ということで、左右で仕様を変えてみました。

 まずは左足から。

RIMG0542

RIMG0538

 左足はスクエア・ウエスト(平コバ)にストレート・ヒールです。

 続いて右足。

RIMG0541

RIMG0535

RIMG0533

 右足は
 ヴェヴェルドウエスト&フィドルバック&ピッチドヒール‼
 です。

RIMG0539

 ヒールも左右でこれだけ雰囲気が変わります。

 とはいえ、こちらのお修理は通常の修理店ではできません。
 いったい何をしたのかというと…
 オールソール交換、クローズドチャネル
 リ・ウェルト(手縫いでのウェルト交換)
 手縫いでの出し縫い&ウィール(目付)
 ※コバやヒールの仕上げはマシン

 言うなれば、 『9分半仕立て』の修理。
 既製品のマシンメイドのクロケット&ジョーンズが、これだけ美しい「ビスポーク面」になったのだから今回の実験は成功と言えるのではなかろうか。

RIMG0543

 うーん、どの角度から見ても美しい…(親バカ)。

 ちなみにこの靴、相も変わらずSpicaに店頭サンプルとして飾っておりますのでご自由にご覧ください。
 ※あくまで実験です。商品(サービス)としては現在提供しておりませんのでご注意ください。 ご興味ある方はご相談ください。

  靴修理と靴磨き Spica たなか

 https://www.spica-inc.jp/case_study/ ←修繕事例も更新中☆

コメント(0)

このブログ記事のコメント

現在コメントはありません。

コメントを投稿

キャプチャ画像
*

※ 投稿されたコメントは管理者の承認後に表示されます。

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top