スピカブログSpica Blog

過去との対話 その2

2010.03.17|靴の話

 こんにちは、「高級ティッシュは甘いんだよ」たなかです。

 先日自宅のクローゼットの整理をしていたら、ALDENの箱からこんなものが出てきました。

RIMG0631

 4~5年くらい前に自分で自分用に作った靴です。
 確か友人の結婚式(カジュアルな2次会)用に突貫工事で3日くらいで作るという、まったく愛がこもっていない1足です(笑)。

RIMG0633

RIMG0639

RIMG0638

RIMG0634

 

 ヴェヴェルドウエストにシームレスバック、ピッチドヒール。
 ウィール、出し縫いは3本撚りで12番手とけっこう細かいです(ウィールはかけないで目付けだけだった気も)。

RIMG0636

 素材は確か、表革にはミネルバ・リスシオを原厚のまま格子状に揉んでから漉いたもの、先裏はデュプイのライニングで腰裏は表の共革。
 ルール無用の縦結びで、フランコ・ミヌッチ(カリスマ・イタリアオヤジ)気取り。

RIMG0642

 せっかく発掘したのでこれからの季節に履こうと思います、素足で(笑)。
 
たなかのお手製靴は包み込むような優しいフィッティングと、裸足で履いても蒸れない構造が自慢です(爆)。

https://www.spica-inc.jp/case_study/ ←修繕事例も更新中

靴修理と靴磨き Spica たなか

コメント(0)

このブログ記事のコメント

現在コメントはありません。

コメントを投稿

CAPTCHA


※ 投稿されたコメントは管理者の承認後に表示されます。

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top