スピカブログSpica Blog

美しい靴

2010.06.24|靴の話

 一寸前なら憶えちゃいるが 一年前だとチト判らねェなあ

 髪の長い女だって ここにゃ沢山いるからねェ

 ワルイなぁ 他をあたってくれよ

 ・ ・ ・ アンタ あの娘の何なのさ!

 〈港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ〉

 

 ということで、最近はちょっと前のことも覚えていないメガネ、たなかです。

 

 先日のこと、さいとうからこんな質問をされました。

 「いちばんキレイなパターンって、どこですかねぇ?」

 うーむ、難しい質問だ…。

 ビスポークならばお客様の足に合わせて1点1点、時には片足ごとにパターンが違うしなぁ。

 既成品で同じ木型でもシーズンによってバランスが変わることもあるしなぁ。

 ということで、独断と偏見で決めました。

 コチラ

RIMG1247

RIMG1248

RIMG1249

RIMG1250

RIMG1252

RIMG1251

 JOHN LOBB PARIS [PHILIP] #8695 ジョンロブの名作、フィリップです。

 それも現在の#7000ラストのフィリップ2ではなく、#8695ラストの「フィリップ」です。

 もう10年以上前に廃番になってしまったモデルですが、やはりこのバランスの良さは秀逸です。

 素材も当時の最高峰、ビスポークにも使われていた「サテンカーフ」です。

 現在のミュージアムカーフと比べると、磨きを入れた後の存在感が比べ物にならないくらい美しい。

 当時ここまでウエストを絞った既成靴は他になかったかと。

 おっと、素材や作りの話は今回は関係なかった…。

 この靴の登場で、紳士靴のレディメイドは一応の完成を見た気がします。

 まぁEdwardGreenのCHELSEAを推す方もいらっしゃるとは思いますが、あくまで独断と偏見で…。

 工業製品として考えた場合、もっとも美しい靴はコレかな、と。

 ただ、もうひとつ別格が…。

 コチラ

RIMG1238

RIMG1245

RIMG1240

RIMG1239

RIMG1241

RIMG1242

RIMG1244

RIMG1243

 10年ほど前に手に入れた既成品。

 ハンドソーンウェルテッドなので、工業製品かというと?なのですが…。

 

 繊細さと力強さが美しく同居した1足。

 ステッチも一見するとシングルなのに、よくよく近くで見れば精緻なダブルステッチ。

 カンヌキのシャコ止めなんて、細か過ぎてよくわからない…。

 フォルムやバランス、素材・作りも含めて完璧だと思える1足。

 10年前に見てあまりに美しく、今見ても美しく、おそらく10年後も美しいと思える1足…。

 どうですかね、小関さん?

求人情報はこちら

靴修理と靴磨き バッグクリーニング Spica たなか

コメント(0)

このブログ記事のコメント

現在コメントはありません。

コメントを投稿

CAPTCHA


※ 投稿されたコメントは管理者の承認後に表示されます。

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top