スピカブログSpica Blog

ヒール巻き替えへの道 その1

2010.07.01|靴の話

 こんにちは、たなかです。

 

 本日はレディスの人気メニュー「ヒール革の巻き替え」の作業工程を2回に分けてご紹介しようと思います。
 心の準備はよろしいでしょうか?

RIMG1207

 今回お預かりしたのは、こちらのルブタン
 ライニングまで真っ赤なのは珍しいですね。

RIMG1208

 ソールも少し減ってますね。

RIMG1210

 ヒールの巻き革が全体的に傷ついております。

RIMG1211

 それでは作業開始です。
 まずはヒールの「まくり」を剥がすために、強力ドライヤー「ヒートガン」で温めます。

RIMG1212

 温めるときれいに剥がれます。
 これを力ずくで剥がすと、伸びたり切れたりしてしまいます。

RIMG1213

 根本までしっかりきれいに剥がします。

RIMG1214

 お次はこちらの中敷きを剥がしていきます。

RIMG1216

 剥がすと…こうなります。
 ネジと5本の釘で留められています。
 中には釘だけとか、釘すらない靴もあります。

RIMG1217

 で、釘とネジを外していきます。

RIMG1218

 釘を外す際はそのままでは難しいので、こちらのマッスィーンで温めながら抜きます。

RIMG1219

 こちらがヒールブロックを外した状態です。
 普段はなかなか見られないでしょ?

RIMG1220

 巻き革を剥がす際も、やはりヒートガンで温めて剥がします。

 

 さぁ、この後はいよいよ巻き替えです!
 が、長いので2度に分けてお届けします。

 次回に続く、See you next time!

 求人情報はこちら

靴修理と靴磨き バッグクリーニング Spica たなか

コメント(0)

このブログ記事のコメント

現在コメントはありません。

コメントを投稿

CAPTCHA


※ 投稿されたコメントは管理者の承認後に表示されます。

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top