スピカブログSpica Blog

オールソール MEERMIN

2009.08.13|靴の話

 今回も続けてオールソールをご紹介します。
 今回お預かりしましたのはスペインのメーカー、MEERMIN のフルブローグOX。
 かなり磨きが重ねられていたため表面がかなりワックスの割れと色ムラが重症な1足でした。
 また、画像のようにソール表面にも穴が開くほど愛されてきたこの靴。

RIMG0286.jpg

 トゥにはヴィンテージスティールが装着されておりました。

 

 で、まずは分解。

RIMG0367.jpg

 ところが、コルクは汗を吸って痛んでるし、何よりシャンクがプラで…。 隙間も空いてるし…。 いや、まあ別に問題があるってわけではないんですが…。 で、オーナーさんとご相談して総取っ替え!

RIMG0378.jpg

 シャンクもメタルのものに交換。
 で、この後にちょっとした小細工をば…。 この話はまた後ほど。
 さらにソールを貼り、溝(ドブ)起こしを。

RIMG0389.jpg

 するってえと、こうなります。

RIMG0396.jpg

 この次に出し縫いをしてから溝を伏せて縫い目を隠すわけです。

RIMG0461.jpg

実はドブ起こし・伏せのやり方も修理と製造ではやり方が違うんです、もちろん職人によっても。 スピカでは、手間と時間はとてもかかっても仕上がりがキレイになる方法を選んでます。

 で、この後なんやかやあって、いよいよ完成!

RIMG0475.jpg

0493.jpg

 プロポーションも美しく復元、表面のクリーニングと磨きの甲斐もあり、光ってますね〜。

RIMG0481.jpg

 ソールも美しいラインを描いております。

RIMG0480.jpg

 ヒールもまっすぐに光り輝き、ウィールも決まっております。

RIMG0489.jpg

 今回もヴィンテージスティールを装着。

RIMG0478.jpg

 前半分だけ厚くするハーフミッドソール装着で、いわゆるスペードソールに。

RIMG0487.jpg

 で、先ほどお話した小細工というのはコレ。 既製品にしては妙に土踏まずがこんもりと丸く盛り上がってる…。 お預かりしたときには既製品らしく?結構平たい踏まずだったんです。 それをスピカ秘伝(笑)の ロールウエスト加工 にて、ビスポーク顔のウエストに仕上げてみました! 画像では伝わりにくいですが、実物はとってもカッコイイんですよ! まぁ正直ヒールの積み上げと仕上げが難しくなるんですけどね。
 と、こんな感じで今回も美しく仕上がりましてオーナーさんにもご満足いただけました。
 今回のオールソールはギミックてんこ盛りでしたが、靴全体が調和が取れて美しかったですね。
 今回ご紹介したスペードソールやロールウエスト加工のようにスピカにはまだまだ引き出しがたくさんありますので、まずはスタッフにいろいろ聞いてみてくださいね。

 

 たなか

コメント(0)

このブログ記事のコメント

現在コメントはありません。

コメントを投稿

CAPTCHA


※ 投稿されたコメントは管理者の承認後に表示されます。

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top