スピカブログSpica Blog

大雪のときには

2013.01.21|靴の話

「爆弾低気圧」

 

先日の大雪の時に、ニュースで聞いたお天気用語です。

短時間の間に、低気圧が急激に発達し、台風並みの暴風雨をもたらす温帯低気圧を指す言葉らしいですが、

ほんとうにあっという間に、東京は白銀の世界になってしまいました。

 

交通機関はどれも麻痺。

路面も凍ってノーマルタイヤの車がツルツル滑って非常に危険な状態でした。

 

まさかこんなに雪が降るとは想像もしていなかったので、

僕も雨用のハーフラバーソールを貼った革靴で外出していたのですが、これがとんだ大惨事に。

 

びっくりするほど、すべるすべる。

 

 

これだけ雪が積もると、全くハーフラバーソールも機能しませんね。

当然ですが・・・。

 

 

では、こんな大雪の日には何を履くのがいいのでしょうか?

 

「雪のことなら、雪国の人に学べ!」ということで、ネットでちょろっと調べてみました。

 

勉強させて頂いたのは、こちらのサイト。

 

『札幌発!雪みちを安全・快適に歩くための総合情報サイト』

http://tsurutsuru.jp/index.html

 

 

非常にニッチなところを突いているようですが、北海道の方々にはすごく大事なことなんですよね。

 

こちらのサイトによると、雪道にスニーカーや革底の靴はダメとのこと。

水がしみてきたり、滑って転倒する恐れがあるからだそうです。

 

では、実際にどんな靴を選ぶのがいいのか。

 

選ぶポイントは以下の3つです。

 

l  先の尖った金属のピンや金具が靴底についているもの (固い氷に突き刺さる)

l  靴底に深い溝があるもの (溝がしっかり雪をつかんでくれる)

l  柔らかいゴムを使っている、または滑り止め材入りのゴム底を使用しているもの (路面に対する接着力が強い)

 

 

 

非常に勉強になりますね~。

 

要は、靴底に深い溝があるブーツがオススメということになるのでしょうが、

男性で仕事をしている人は、ブーツを履いて仕事に行くのはちょっと難しい気もしますよね・・・。

 

 

通勤のときだけ、雪用のブーツに履き替えていくというのが、正解なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

こちらは、先日福岡で大雪が降ったときの様子です。

 

東京で大雪にあったのに、めったに雪が降らない福岡でも、さらに大雪にあうって・・・。

今年はついてないのでしょうか・・・。笑

 

 

東京は、今夜からまた雪になるとさきほどニュースで言っていました。

みなさま滑ってお怪我などされないように気を付けてくださいね~。

 

 

 

靴修理、靴磨き、バッグ修理、バッグクリーニング スピカ

手嶋

 

コメント(0)

このブログ記事のコメント

現在コメントはありません。

コメントを投稿

CAPTCHA


※ 投稿されたコメントは管理者の承認後に表示されます。

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top