スピカブログSpica Blog

雨で濡れた時のケア

2013.06.16|靴の話

雨が多いこの季節。

 

突然の雨で、靴が濡れてしまった・・・。

雨だけど、仕事だからどうしても革靴を履いて外出しないといけない・・・。

 

こんな声をよく聞きます。

 

雨の時期だから、靴が濡れてしまうのは避けられないですよね。

 

 

と、言うことで、今回は、雨で濡れてしまった靴のケア方法をご紹介します。

 

 

そもそも、革靴が雨に濡れるとどうなるかご存知ですか?

 

革靴は、雨に濡れると雨ジミができたり、革自体が固くなったりします。

また、色落ちや型崩れを起こしやすくなります。

雨に濡れたままの状態で通気性の悪い所に放置していて、カビが生えてしまったという方も多いのではないでしょうか。

 

そのようになることを防ぐために、雨に濡れた場合には、ちょっとしたケアが必要なんですね!

 

 

と、言っても、そんなに難しいことをする必要はありません。

基本は、表面の水分を拭き取って、乾かせばいいだけです。

 

 

①    まずは、乾いた綺麗な布で、表面の水分を拭き取りましょう。

②    その後、紙やシューキーパーを入れて形を整えてから、陰干しをしてください。

(新聞紙は色移りすることがあるので、紙であればキッチンペーパーなどがいいです)。

③    靴底にもカビが生えることがありますので、陰干しする際は、壁に立てかけるなどしてつま先部分を上げて乾燥させてください。

 

④    そして、数日間陰干しをして、革から水分がなくなってから、普段のメンテナンス(汚れ落とし→クリーム→ブラッシング)をしてあげてください。

 

 

 

 

とっても簡単ですよね。(^O^)

 

普段のメンテナンスは雨とは関係ないので、まずは雨に濡れた時の対処方法(①~③)を覚えて頂ければと思います。

 

ぜひ、雨に濡れてしまったときは試してみてくださいね~。

 

 

 

靴とバッグの本格メンテナンス スピカ

手嶋

 

コメント(0)

このブログ記事のコメント

現在コメントはありません。

コメントを投稿

CAPTCHA


※ 投稿されたコメントは管理者の承認後に表示されます。

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top