修理事例Before & After

カウンターライニング(腰裏)修理

紳士靴 修理,レディース靴 修理,TRICKER’S

こんばんは 中島です。

本日は、カウンターライニング(腰裏)の修理です。

かかとの内側が破れてしまっています。

このまま履き続けると穴が広がってしまいます。

補強革をあてて縫製します。

Before

DSCF1829

After

DSCF1838

これでバッチリです。

あと、オールデンやトリッカーズなどの短靴は、外国人向けのヒールカップなので踵のカーブが少なく踵の小さい日本人が履くと踵が抜けてしまうことがあります。

そんな時は、腰裏の吟面(表側)を表にせず、滑止め効果のあるリバース(裏側)を表にすると踵が抜けにくくなります。

カウンターライニングリバース

IMG_1219

カウンターライニング(両足)¥3,900~

靴修理と靴磨き バッグクリーニング Spica 中島

類似した修理事例

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top