修理事例Before & After

CHANEL(シャネル)トートバッグ 持ち手交換

CHANEL,バッグ 修理

今回は、CHANEL(シャネル)トートバッグの持ち手交換をご紹介します。

ビフォアの写真をご覧いただくと分かる通り、持ち手の革の接着がはがれて2つに割れてきています。

一旦こうなってしまうと、はがれた部分を接着剤で付けたとしてもまたすぐにはがれてしまうので、

このような場合には、持ち手を新しいものに交換するのがオススメです。

アフターの写真をご覧ください。

新しく作成した持ち手は、両サイドに縫いをかけましたので、

今後はのりがはがれて持ち手が2つに割れるということがありません。

 

バッグ本体が悪くなっておらず、持ち手だけに問題がある場合は、今回のように持ち手交換をすればまた長く愛用することができます。

お持ちのバッグで修理で直したいというものがございましたら、ぜひお気軽にスピカまでご相談いただければと思います。

 

Before
After
Before
After
Before
After

今回ご利用いただいたサービス

メニュー: バッグ 持ち手交換
料金: 18,000円(税別)
納期: 約1.5ヵ月

※修理料金は修理当時の金額であり、現在の修理料金とは異なる場合がございます。また、靴の状態等でも変動する場合がございますので、詳しくはお問い合わせください。

類似した修理事例

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top