スピカブログSpica Blog

バーチー で シースー

2009.12.27|その他の話

 こんにちは、たなかです。

 祖母・両親・兄夫婦と、家族が集まる機会があったのでみんなでお鮨を食べに行きましたよ~。
 ワタクシたなか、漁師町浦安の出身でして親戚には河岸行きも多くおります。 今はもう、というかワタクシが育ったころには「ディズニーランドの浦安」でしたけどね。 
 で、今回お邪魔したお鮨屋さんは父の子供のころからの友人のお店で、我が家では誕生日やクリスマスなんてのはチキンやケーキではなくこちらにお世話になっております。

 ということで、「旨いモン」をご紹介していきますね~。

RIMG0234

 まずは甘海老(卵持ち)

RIMG0235

 煮穴子(煮ツメ、塩)

RIMG0236

 生帆立のバター焼き

RIMG0237

 生牡蠣

RIMG0238

 鮑刺し(肝醤油)、軽く衣をつけて焼いた「バター焼き」も絶品!

RIMG0240

 ミル貝、北寄貝
 速攻で手を出してる食いしん坊は兄の手です

 続いて握りへ

RIMG0241

 赤身

RIMG0242

 大トロ

RIMG0243

 墨イカ(塩)

RIMG0244

 小肌

RIMG0248

 穴子(煮ツメ)

RIMG0249

 穴子(塩)

RIMG0251

 車海老

RIMG0252

 ヅケ

RIMG0253

 赤貝、ひもキュウ

RIMG0254

 雲丹、イクラ

RIMG0255

 中トロ

RIMG0257

 生帆立

RIMG0258

 煮蛤

RIMG0259

 お椀(甘海老の頭)

 如何でしょうか、美味しそうでしょ? 
 以前は生魚は全く食べられなかった義姉も、ここのおかげで今ではお鮨をパクついております(笑)。
 特に穴子は絶品ですよ、祖母はココ以外の穴子は食べません。

 ちなみに今回のお供はコチラ(持ち込みです、いつもスイマセン)

RIMG0232

RIMG0233

 王祿・丈径(おうろく・たけみち)無濾過生原酒 19BY仕込み23号 《清酒/王祿酒造有限会社/島根県》
 原料米は全量が地元契約農家による無農薬・無肥料栽培の山田錦。
 冷やして呑むと洋梨の香りと軽快な中にしっかりした飲み口、常温や燗付けするとどっしりした濃厚な旨みとミネラリーな後味。
 特にイカ(塩)や貝類などとの相性は抜群。
 たなかは以前にひとりで1升空けた記憶があるような、記憶がないような…。
http://www.ouroku.com/ ← 王祿 蔵元HP

 みなさんもし浦安まで行かれることがありましたらぜひ寄ってみてくださいね~。 特に煮穴子はわざわざ食べに行く価値大アリですよ!

  三春鮨
 千葉県浦安市猫実3-24-1
 047-351-2853
 基本的には月休

コメント(3)

このブログ記事のコメント

admin|2009.12.27 20:50
うまそぉ~、食いてぇ~!

てしま
中敷|2009.12.27 23:26
>>我が家では誕生日やクリスマスなんてのはチキンやケーキではなくこちらにお世話になっております。

僕の誕生日は5月12日です。
ゆうゆ|2010.01.06 21:18
アワビがとってもおいしそうです。
カイがおいしい季節ですね★

コメントを投稿

CAPTCHA


※ 投稿されたコメントは管理者の承認後に表示されます。

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top