修理事例Before & After

ローファーのタッセル作成

紳士靴 修理

ローファーの靴で、タッセルが片方取れてしまった経験はありませんか?

取れたタッセルが再利用できるときには、そちらを単純に取り付けて修理完了ですが、タッセルを無くしてしまってどこに行ったか分からないという場合には、似た色の革を見つけて新しく作成することになります。

Before
After
Before
After
Before
After

今回はご紹介するのはこちらのスエードのローファー。

タッセルは残っていたのですが、再利用ができなかったため、新たに茶色のスエードの革で作成をしました。

たまたま同じ色の革があったため、新しいタッセルも全く違和感なく仕上げることができました。

タッセルが取れて履けなくなってしまった靴がありましたら、あきらめずに是非一度スピカまでご相談くださいね。

ただ、今回のように同じ色の革のご用意があるということは珍しく、多少色味が変わってしまうということもありますので、その点はあらかじめご了承ください!

今回ご利用いただいたサービス

タッセル作成(1つ) 
料金: 2,000円(税別)
納期: 2週間

※修理料金は修理当時の金額であり、現在の修理料金とは異なる場合がございます。また、靴の状態等でも変動する場合がございますので、詳しくはお問い合わせください。

類似した修理事例

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top