修理事例Before & After

つま先のライニング破れ修理(革パッチ)

紳士靴 修理

こんにちは、スピカの酒井です。

市販の靴は値段に関係なく、完璧に足に合う物を探すのは難しい物です。

今回は、指先が擦れて穴が開きかけのライニング(裏革)に革を当てる修理を紹介いたします。

imag1698

前方の少し白っぽくなっている箇所があります。

革の吟が削れてしまい、もろい状態になっています。

imag1701

そこへ貼りますのはこのパーツ。

革です。

しかしこのままでは断面に段差があり過ぎる為、エッジを薄くする必要があります。

imag1704

imag1707

周りを1周薄くします。薄くすることを漉く(すく)と言ったりもします。

中心から徐々に端に行くにつれてほぼゼロミリになるのがベストです。

 

ここまで準備が出来ればあとは貼りつけるだけです。

(縫うことは残念ながら表側にいらぬステッチが出てしまう為できません)

imag1713

これで吟の無くなっていた面に新たな吟付き革をはりましたので、

穴の空く心配は当面なくなりました。

Before
After

今回ご利用いただいたサービス

革パッチ1カ所・・・1500円
納期・・・約1週間

※修理料金は修理当時の金額であり、現在の修理料金とは異なる場合がございます。また、靴の状態等でも変動する場合がございますので、詳しくはお問い合わせください。

類似した修理事例

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top