修理事例Before & After

Louis Vuitton(ルイヴィトン) パイピング交換

LOUIS VUITTON,バッグ 修理

今回は、Louis Vuitton(ルイヴィトン)ショルダーバッグのパイピング交換をご紹介します。

ビフォーの写真をご覧ください。

パイピングの四隅が擦れてしまっています。

Louis Vuitton(ルイヴィトン)のバッグは、ヌメ革と呼ばれる革を使用していることが多く、この革の場合、擦れた部分に色を入れて補修するということができません。(作業としてできないことはないのですが、染めることで革の質感が全く変わってしまうのと、色の定着が非常に悪いので、スピカでは染めのご対応をしておりません)

そのためヌメ革の見た目を改善したいという場合には、ヌメ革自体を交換するというご対応をしております。

今回は、パイピングの擦れが気になるということでしたので、パイピング全体を交換しました。

写真では分かりづらいかもしれませんが、パインピング全体が新品生まれ変わりました。

どんなに注意して使っていてもバッグの四隅は擦れて見た目が悪くなってしまいます。

もしお持ちのバッグで四隅が気になりだしたら、スピカまでお気軽にご相談ください。改善策をご提案させて頂きます。

 

Before
After
Before
After
Before
After
Before
After

今回ご利用いただいたサービス

修理メニュー: パインピング全周交換
料金: 19,200円(税別)
納期: 1~1.5ヵ月

※修理料金は修理当時の金額であり、現在の修理料金とは異なる場合がございます。また、靴の状態等でも変動する場合がございますので、詳しくはお問い合わせください。

類似した修理事例

無料お見積り・
ご相談はこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00