靴用語集Shoes Glossary

塗装・染色

塗装・染色は、靴専用の塗料を靴の色合いに合わせて使用する手入れの方法で、靴のカラーリングを変える際にも使用されます。補色、塗装、染色、染め替え、染め直し、塗装入れなどまとめてカラーリングと呼ぶこともあります。

 色が禿げた靴やシミになった靴を塗装や染色できれいにする修理方法で、革専用の塗料を使用しているので、革によく馴染み、簡単に剥がれることはありません。ただし、革の種類により塗装や染色が難しい素材もあります。エナメル革や爬虫類の皮には塗装・染色することは難しく、表面がつるつるとした光沢があるもの靴も塗料が剥がれやすくなるため、塗装・染色を施すのは難しいです。

 塗装や染色をすることによって表面の傷は目立たなくなりますが、傷そのものがなくなるわけではありません。可能な限り本来の姿に近づけるよう、元の状態を確認して同じ色を作り、素材の状態や風合いを見て薄く塗装や染色を繰り返します。

修理が必要な状態とは

関連する用語

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top