靴用語集Shoes Glossary

ラバーソール

ラバーソール(rubber sole)とは、天然ゴムや合成ゴムで作られた靴底のことです。

ラバーソールには、天然ゴムを加工して波のような模様を付けた「クレープソール」や、合成樹脂に発泡剤をまぜて加熱し成型した「スポンジソール」、高いグリップ性能を持った「ビブラム社」の「ビブラムソール」などがあります。
ラバーソールはレザーソールより重くて通気性が悪いので蒸れやすいですが、その分耐水性に優れています。そのため「デッキ・シューズ」のような水辺で履かれるシューズの靴底に多く使用されています。
材質や厚さによっても変わりますが、ラバーソールには反り返りが柔らかく歩きやすいという特徴があります。ただし熱に弱いため、アスファルトのような地面の上を歩くと軟化しやすく、付着したごみが取れにくいというデメリットもあります。

修理が必要な状態とは

ソールは常に地面と接しているため、履き続けていると次第に薄くなってしまいます。定期的に状態をチェックし、手で触って薄くなってきたと感じたら、穴が空いてしまう前にラバーやレザーでソールを補強しましょう。

また、女性のパンプスのソールは薄いものが多い上に何度も修理できるようには作られていないため、購入後すぐにハーフラバーソールを貼って靴自体の傷みを防ぐのがおすすめです。

> ハーフソール補強

関連する用語

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top