Spica magazine

使うほどに愛着が湧いてくる天然皮革。
さまざまな視点から革の魅力をお届けします。

あなたの革靴は大丈夫!? 革靴の正しい保管方法6

#使い続ける

あなたの革靴は大丈夫!? 革靴の正しい保管方法6

2022/01/11

長く履き続けたい革靴、普段どのように保管をしていますか? シューズボックスに入れたまんま、という人が多いかもしれませんが、革靴は湿気や乾燥によって革の状態が悪くなってしまうので、ぜひ保管方法にも意識を向けたいところ。そこで本記事では、革靴の正しい保管方法についてご紹介いたします。

 

やりがち!革靴のNGな保管方法 

 

革靴にとっての天敵は湿気。とくに汚れや汗が付着した靴を湿度の高い場所に保管し続けると、カビが繁殖してしまうので気をつけましょう。なかでも雨の日の帰宅後、濡れた靴をすぐにシューズボックスにしまうのは厳禁。シューズボックス内でカビが繁殖して他の靴まで傷めてしまいます。

 

また、新品の靴を購入後、すぐに履かないからと長く紙箱の中に入れたままにするのも実は良くありません。紙箱のまましまうと通気性が悪くなるため知らず知らずのうちに劣化が進んでしまいます。

 

革靴の基本の保管方法 

 

1:帰宅後はシューキーパーを入れる

 

靴は長時間履いていると革が大量の汗を吸収するため、形がゆがんできます。足の甲の屈折部分などはとくにシワが出来やすいのでシューキーパーで靴本来の形に戻すようにしましょう。

 

シューキーパーはできれば木製のもので革靴のサイズにフィットしている大きさのものを使ってください。プラスチック製もありますが、木製は靴の内側の湿度を調整する役割も果たしてくれるのでより良い環境で革靴を保管できます。

 

2:目立つ汚れはブラッシングで落とす

 

使用後の革靴にホコリや泥汚れが付いていたらそのまましまわずに、きちんとブラッシングで落としてからシューズボックスに保管します。汚れがひどい場合には、革専用の汚れ落とし(リムーバー)で汚れを拭き取っておきましょう。

 

3:シューズボックスに靴を詰めすぎない

 

靴はゆとりを持ってボックスにしまいましょう。靴同士が接触するほど詰め込むと、色移りや劣化の原因となります。また、カビも増殖しやすくなりますので、シューズボックスに入りきらない場合には、新たにシューズボックスを購入するか、別の場所で保管するようにしてください。

 

4:シューズボックスに除湿剤を入れる

 

シューズボックスは季節や住環境によって湿気がこもりやすくなりますので、玄関・シューズボックス用の除湿剤を入れておきましょう。除湿剤を置くスペースがなければ、お菓子などに入っているシリカゲルを隙間においておくのも良いでしょう。定期的にシューズボックスをあけて湿気を逃がしてあげることも重要です。

 

5:長期間履かない場合は陰干しを

 

1ヶ月以上履かない革靴は、天気の良い日に陰干しをしましょう。先ほどもお伝えしたように季節・気候によってシューズボックス内の湿度は変化します。

 

使っていないから汚れてないと思って出さないままだとカビが生えやすくなるので適度に風通しのよい場所に2〜3日陰干しすることをおすすめします。

 

6:紙箱に保管したいときは?

 

シューズボックスに紙箱のまま保管したい。そんなときは、紙箱に数カ所の小さな穴を開けておくと通気性が良くなります。あとは乾燥剤も紙箱の中に入れると安心ですね。保管する期間にもよりますが数ヶ月以上保管しておく場合には定期的な陰干しを忘れずに。

 

 

毎日履かないことも大切

 

基本の保管方法についてご紹介しました。それにあわせて普段の靴の履き方に気を配ることも忘れずに。

 

靴は消耗品なので、毎日同じ靴を履き続けないことも大切です。ちょっとしたお手入れや靴への配慮があるだけで、靴の寿命は大きく変わります。手をかけた分だけ、革靴はより味わい深く育っていってくれますので、ぜひ、定期的にお手入れをして、大切に保管するようにしてください。

 

 

取材・文 角 佑宇子

profile:スタイリスト・ライター。アパレル販売員の後、スタイリストアシスタントを経て独立。現在は女性向けWebメディアにて着こなしに関するコラムを配信。「より良いものをより良く活かす・身につける」をモットーに、世にある素敵なアイテムを日々、探求中。

Instagram: @sumi.1105

関連記事

RECOMMENDED

VIEW ALL

メール

修理に関するお問い合わせはこちら

電話

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

ページトップ