靴用語集Shoes Glossary

オールソール

オールソールとは靴底全体を交換することです。

ソール(靴底)全体を張り替えるオールソールは、ビジネスシューズやワークブーツなど、様々な種類の靴に対応した修理方法です。ラバーソール(ゴム底)やレザーソール(革底)など、素材の種類も基本的には選びません。 まずヒール部分を分解し、ソールを剥がします。製法にもよりますが、ソールとの縫い付け部分であるウェルト(細い帯状の革)を新しく縫い付け、アッパー(甲革)と新しいアウトソールを縫い付けていくのが基本的な修理の流れです。

ただし、靴の製法や状態などによって、オールソールを行える回数は異なります。例えばグッドイヤーウェルト製法で作られた靴は、5回前後のオールソールが可能と言われており、マッケイ製法の靴は3回前後、セメンテッド式製法の靴は1~2回が限度と言われています。

修理が必要な状態とは

「ソールに穴があいて中のコルクが見えてきた」「ウェルトが傷んでしまった」といったトラブルは、オールソール交換という靴底を全て新しく取り換える修理によって解決できます(ウェルト交換は、オールソール交換代に加えて別途ウェルト交換代がかかります)。

靴によっては、レザーソールをラバーソールに変更するなどオリジナルとは別のソールに取り換えることも可能です。

ソールだけでなくヒールも含めた靴底全体が新しくなりますので、ソールとヒールの両方が削れてきたタイミングでオールソール交換をするのがおすすめです。

 > オールソール交換

関連する用語

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top