靴用語集Shoes Glossary

マッケイ製法

マッケイ製法(mckay process)とは、靴の内側でアッパー(甲革)とアウトソール(本底)を縫い合わせる製法です。「マッケイ式製法」とも呼ばれます。

マッケイ製法は構造がシンプルであることから、どんなに柔らかい革でも素材として使用することができ、軽量な靴(コインローファーなど)を作る場合に適しています。
アッパーとアウトソールを直接貫通させて縫い付けるため、インソール(中底)には薄いものが使用されます。
マッケイ製法はハンドソーンウェルテッド製法グッドイヤーウェルト製法に比べると堅牢さに欠けますが、軽くしなやかで、ソールの返りが良い靴に仕上がるという点がメリットです。

マッケイ製法はインソールとアウトソールを縫い付けるため、オールソール(靴底全体を張り替える修理方法)をすると、修理の度にインソールを傷めてしまいます。マッケイ製法で作られた靴底の交換は、1回または2回が限度です。

マッケイ製法から派生した製法として、マッケイ製法の応用である「袋マッケイ」、モカシンのマッケイ製法である「袋モカ」、2本の糸で通し縫いをする「マッケイロックステッチ」と呼ばれる製法があります。

修理が必要な状態とは

関連する用語

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top