靴用語集Shoes Glossary

カウンター

カウンター(counter)とは、靴のかかとのアーチ部分の表革と裏革の間に挿入する半円の芯材のことです。月型とも呼ばれています。

 カウンターに使用される素材には、銀付きのヌメ革を使用した一枚の天然皮革、数枚の床革を貼り合わせて適度な厚さを持たせたもの、レザーボードやパルプボードといった合成品などがあります。合成品は事前に成形されるためモールド・カウンターと呼ばれています。

 靴のかかと部分は着脱によって繰り返し摩擦を受け、消耗しやすい箇所です。カウンターは足のかかとを保護する役割と靴の型崩れを防止する効果を持っていますが、かかとを踏んで歩くと、挿入されたカウンターが潰れることがあります。靴の形状を損ねてしまうだけでなく、靴ずれの原因となる恐れもあります。

 革靴のかかとの修理には、内側の革の擦り減った部分を張りかえる「カウンターライニング」という方法があります。

修理が必要な状態とは

関連する用語

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top