靴用語集Shoes Glossary

リブ

リブ(rib)とは、インソール(中底)の下側を掘ることで立てられた薄い革のつまみ、または接着剤で革や布を貼り付けることで立てられたつまみのことです。

リブは、ウェルト(細い帯状の革)を用い、掬い縫いの工程があるグッドイヤーウェルト製法で立てられるつまみです。ハンドソーンウェルテッド製法の場合は手縫いで掬い縫いを行うためリブが付いていませんが、グッドイヤーウェルト製法は掬い縫いをミシンで行うため、リブが立てられます。
掬い縫いの際、リブに必要となる高さは約5mmです。また、靴に過度な厚みを与えないよう、厚さは2mm程度にします。このリブの厚さに合わせ、インソールとアウトソールの間にコルクなどのクッション材が詰められます。
リブは本来、インソールを掘ることによって立てられるつまみですが、現在は接着剤で貼り付けられるテープ状のリブが主流となっています。

修理が必要な状態とは

関連する用語

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top