靴用語集Shoes Glossary

ストラップ

ストラップ(strap)とは、帯状のひものことです。

本来、ストラップは「ひも」を指す言葉ですが、ひも靴は「レース」と呼ばれるので、これとは別物です。
靴におけるストラップは、足を靴に固定するベルトやバンドを指します。パンプスのように履き口が広い靴の支えとしてのひも、くるぶし部分を一周するように足首を固定する役割の細い形状のひもなどもストラップと呼びます。ストラップはつま先革や腰革の延長である場合と、後から接合する場合があります。
ストラップはデザインとして用いられることも多いですが、広く開いた履き口の両サイドにストラップを渡すことで脱げてしまうのを防ぎ、歩行に安定感を与える効果もあります。

ストラップの形状に決まったものはなく、用いている部分や本数などでも呼び方が変わります。
例えば、モンク・シューズに用いられている、アッパーをバックルで留めるベルト部分を特に「モンク・ストラップ」と呼びます。
このほかにも「ワン・ストラップ」「クロス・ストラップ」「アンクル・ストラップ」「バック・ストラップ」など、さまざまな種類があります。

修理が必要な状態とは

関連する用語

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top