修理事例Before & After

Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ) 紳士靴ローファー ハーフラバーソール

CROCKETT & JONES,紳士靴 修理

今回は、Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ) の紳士靴ローファーにハーフラバーソールを貼る修理をご紹介します。

新品の靴は、ソールの反り返りが悪いため、つま先部分がどうしても削れやすくなっています。そのまま履き続けると、Beforeの写真のように、つま先部分が削れてソールの糸がすり切れてしまいます。

さらにこのまま履き続けると、つま先からソールがはがれてきてしまうことも・・・。そうなるとソールの糸の縫い直しが必要になるので、修理金額も高くなってしまいます。

そんな事態にならないために、つま先が削れてきたなと感じたら、ハーフラバーソールを貼るのがオススメです。ハーフラバーを貼ることで、それ以上ソールの革自体が削れることがありませんし、滑りづらくもなります。

せっかくのレザーソールなのにラバーを貼るのは嫌だという方には、つま先だけにレザーやラバーを貼って補強することも可能です。

ソールの補修は、オーナー様のお好みに合わせてお修理ができますので、ぜひお気軽にスピカまでご相談ください。

くれぐれも修理のタイミングが遅くなって、大切な靴を破棄するということにならないようにしてくださいね!

 

Before
After
Before
After

今回ご利用いただいたサービス

修理メニュー: 紳士靴 ハーフラバーソール+つま先アタッチ(=ソールが削れ過ぎている場合、高さを戻すためにつま先部分に革を足します)
修理料金: 3,000円+1,000円=4,000円(税別)
納期: 4日

※修理料金は修理当時の金額であり、現在の修理料金とは異なる場合がございます。また、靴の状態等でも変動する場合がございますので、詳しくはお問い合わせください。

類似した修理事例

無料お見積り・
ご相談はこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00