靴用語集Shoes Glossary

オックスフォード・シューズ

オックスフォード・シューズ(oxford shoes)とは、短靴の原型となった紐付きの靴です。

1665年頃のイギリスでオックスフォードの大学生が履くようになったことから、オックスフォード・シューズという言葉が誕生したそうです。
フィット感を高めるために甲の部分で紐を結ぶオックスフォード・シューズは、アッパー(甲革)の紐を通す部分の羽根のような革の縫い付け方に違いがあり、アッパーと一体化するように縫い付けられた形のバルモラル(内羽根式)、アッパーの上に羽根のように縫い付けられたブラッチャー(外羽根式)の2種類が代表的です。

修理が必要な状態とは

関連する用語

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top