靴用語集Shoes Glossary

ハンドソーンウェルテッド製法

ハンドソーンウェルテッド製法(hand sewn welt process)とは、全ての製靴工程を手縫いによって行う、靴製作の基本となる製法です。

ハンドソーンウェルテッド製法は、アッパーを作成してから足裏にまとめて縫い込み、ソールを付けるという流れをすべて手作業で行うため、非常に手間暇がかかる一方、仕上がった靴は職人の技術が注がれた一品だといえます。

ハンドソーンウェルテッド製法は、ウェルト(細い帯状の革)とアウトソール(本底)を出し縫いで縫い付ける「ウェルテッド系製法」の原型となる製法です。ちなみに、効率よく行うために、製造工程の一部に機械を導入したものがグッドイヤーウェルト製法になります。

一般的に、個人の足に合わせた注文靴などに使用されることが多いです。対応する素材も幅広く、手縫いの独特な柔軟性がある靴に仕上がるという点も、この製法の魅力と言えます。

ハンドソーンウェルテッドをはじめ、「ウェルテッド系製法」で作られた靴は靴底がすり減った際、オールソール(靴底全体を張り替える修理法)が可能であるため、同じ靴をより長く履くことができるのも利点です。

修理が必要な状態とは

関連する用語

修理に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-6413-6656
受付時間 10:00~19:00

Page top